社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
期待高まる大作、平成版「日本沈没」評価は…
薄れた現実味・特撮に物足りなさ…

パニックシーンも大迫力の「日本沈没」
パニックシーンも大迫力の「日本沈没」
 1973年の大ヒット映画「日本沈没」(小松左京原作)が、現代版にリメイクされ、7月15日公開される。CGによって、映像表現の幅が飛躍的に広がり、制作費20億円を投じた大作だけに、平成版への期待は高まるが、そのできばえは…。

 登場人物は前作とほぼ同じで、藤岡弘、いしだあゆみ、小林桂樹らが演じた役を、今回は草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司といった豪華キャストが演じる。監督は、潜水艦スペクタクル「ローレライ」を撮った樋口真嗣。

 一足早く試写を見た映画ライターは、「『日本が沈没してしまう』という設定は、それ以前にはなかった発想で、当時は実にインパクトがあった。しかし、現代では、実際に都市部での大地震を体験しているだけに、『日本が沈没してしまう』という設定には、逆に現実味が感じられないのでは」と辛口の意見を漏らした。

筒井康隆=中央=も顔を見せて不気味な存在の「日本以外全部沈没」
筒井康隆=中央=も顔を見せて不気味な存在の「日本以外全部沈没」
 大災害に巻き込まれ、翻弄される草なぎと柴咲の悲恋も見どころのひとつだが、ことさら涙を誘うような演出は賛否が分かれそう。

 火山噴火、地震、津波など、CGやミニチュアを使っての特撮は、70年代とは比較にならない進歩だが、ハリウッド映画を見慣れた向きには、物足りなさも残るか。

 一方、晩夏に公開を控えるのが「日本沈没」のパロディー版「日本以外全部沈没」だ。

 原作は筒井康隆の短編で、こちらは、原因不明の天変地異で日本以外の大陸がすべて沈没してしまうというお話。日本には、各国政府首脳、ハリウッドスターなどのセレブに始まり、大量の難民が押し寄せ大混乱に。外国人犯罪が急増、政府は、アタック・チームを結成し、不良外国人駆逐に乗り出す−という荒唐無稽ぶり。ストレートに受け取れば、国際問題にも発展しかねない内容だ。外国有名人のそっくりさんや藤岡弘まで出演する。

 「いかレスラー」「コアラ課長」などで知られる河崎実監督が自ら名乗りを上げて製作が実現。

 「まだ編集の段階で、試写会もこれからですから、今のところ内容にクレームがつくといった問題は起こっていませんが、これからどんな問題が起こるか予測できません(笑)」(宣伝担当者)

 本家本元の大量宣伝の陰で、パロディー版が漁夫の利を得たりして…。

ZAKZAK 2006/06/26

N・キッドマン“故郷”で挙式…歌手K・アーバンと(06/26)
「ブス恋」久保田麿希、大学同窓の実業家と結婚(06/26)
ジュニアアイドル、12歳紗綾「思った以上の出来」(06/26)
上戸彩「実は歯医者マニア、2週間に1回は通院」(06/26)
城咲仁「皆さんが望んでくださるなら…」(06/26)
土屋アンナ、休日の新宿を“ロック色”に(06/26)
落語界初の挑戦!!三遊亭楽花生「1年後には…」(06/26)
カサブランカでなくNYに…「ボガート通り」誕生(06/26)
「悪代官」好演、74歳川合伸旺さん死去(06/26)
ソニー会長「ダ・ヴィンチ・コード」で復活宣言(06/26)
「米国を偉大にした人たち」15人にブラピらを選出(06/26)
Hカップ田代さやか、初写真集「たくさんの私が…」(06/26)
黒川智花「素のわたしが見られると思います」(06/26)
後藤理沙“かわいくそしてカッコ良く”にこだわり(06/26)
期待高まる大作、平成版「日本沈没」評価は…(06/26)
トバゴの歌姫シャーレーン「男はお尻よ」(06/26)
落語協会会長に鈴々舎馬風…円歌は最高顧問就任(06/26)
ZAKZAKトップへ