社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
博多華丸・大吉が激白…上京直後は苦戦の連続だった

児玉清のこのポーズを細かくマネして、東京進出を果たした博多華丸(手前)・大吉
児玉清のこのポーズを細かくマネして、東京進出を果たした博多華丸(手前)・大吉
 お笑いコンビ「博多華丸(はなまる)・大吉(だいきち)」が売れに売れている。

 華丸(36)が「パネルクイズアタック25」の司会者・児玉清=写真下=のモノマネで今年2月、ピン芸人日本一を決める「R−1ぐらんぷり2006」(DVD発売中)に優勝して以来、コンビの注目度も急上昇。目下、テレビに連日出演中だが、その横顔、次の目標は…。

 全国区に躍り出たのは最近だが、芸歴はけっこう長い。福岡大学在学中に落語研究会で知り合い、コンビを結成。以来15年、活動の拠点とした地元福岡では、常時4−5本のレギュラー番組を抱える人気者だった。

児玉清  そんな2人が東京に本格進出したのは昨春のこと。その背景には、同じ吉本興業福岡事務所出身のカンニング竹山やヒロシが、東京で売れていた焦りなどがあったとか。

 「福岡でいくら頑張っても、彼らと比較されてしまって…」と華丸。福岡を拠点に全国区になりたいコダワリもあったが、大吉(35)は「それは無理だと、15年もやって、やっと気づいたんです」と苦笑する。

 だが、東京では当初、苦戦した。番組オーディションに次々落ちた日々を大吉は「どの番組もフレッシュな若手が欲しいらしく、変にこなれた僕らは、求められていない感があった」と振り返る。

 逆境の中、転機となった華丸の児玉清のモノマネは昨秋、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ系)の1コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で全国初披露した。

 「『アタックチャン〜ス!』と言った時の手の揺れ」など、細部をとらえた完成度が同番組でウケにウケたが、華丸によれば「モノマネのレパートリー中、児玉さんは本来4−5番手の戦力だったんです」。それが「R−1」も制覇するネタに化けたのは「まさかの展開」だった。

 現在のブレークに、大吉は「一生無理だと思っていた番組に次々出演でき、いつも夢見心地」。

 華丸も「思い出のアルバムをいっぱいにしているところです」と謙虚に語るが、一方で現状に満足しているわけではない。

 東京進出時に2人が思い描いた目標は、専売特許の博多弁漫才を広めること。今は漫才の際も、標準語の児玉清のモノマネでつかみをとっているが、「今後は博多弁をもっと押し出したい」(華丸)との思いがある。

 最近のお笑いは毒舌や一発芸が多い中、身近なことからネタを拾った軽妙な博多弁漫才は以前から、お笑いファンには好評だった2人。オールドルーキーが真価を発揮するのは、これからかも−。

 また華丸が、モノマネしてきた本家の児玉とついに初対面。「アタック25」(テレビ朝日系)の芸能人大会(9月3日放送予定)に相方・大吉とともに解答者として出場する。ダブルで、「アタックチャ〜ンス!」が見られそうだ。

ZAKZAK 2006/08/04

亀田疑惑判定大反発…TBSもKO、ネット火付け(08/04)
元ハウンドドック八島、脳挫傷で入院していた(08/04)
「奥さまは18歳」岡崎友紀が熟年離婚してた(08/04)
“韓流ラブストーリーの女王”「それを知っていれば…」(08/04)
テレ朝系41歳社員、出会い系37歳女性と金銭トラブル(08/04)
大使に日比野克彦さん…三枝さん、Qちゃんらに続き(08/04)
100万人突破!伊東四朗「勘定してた人もすごいね」(08/04)
第4弾発売で“THE3名様”イベントで生演奏公演(08/04)
暑くて“ムーヴィン・アウト”したかった?けど…(08/04)
2年ぶり舞台、宮本信子の“しあわせのつぼ”は…(08/04)
May J・ヘソ出しセクシー衣装で初ライブ(08/04)
ジャガー横田「モゾモゾ動いているのが分かる」(08/04)
山本譲二“新宿弾き語り時代”の思い出浸り…(08/04)
中山忍「早く良くなって…」柴田恭兵にエール(08/04)
W杯効果も…低迷G戦の日テレと好調反動のフジ減収(08/04)
目指すは会計士…モチモチ朝倉愛理、知的エロス(08/04)
トントン拍子…国民的美少女グランプリ林丹丹の素顔(08/04)
博多華丸・大吉が激白…上京直後は苦戦の連続だった(08/04)
シュワルツコップさん死去…最も偉大なソプラノ歌手の1人(08/04)
島田雅彦脚本、三枝成彰作曲…伊で蝶々夫人の「続編」上演(08/04)
家売り払いアジア放浪…ひとりごと三國連太郎(2)(08/04)
昔は好き勝手に…ひとりごと三國連太郎(3)(08/04)
【シネナビ】ブライアン・ジョーンズ(08/04)
ZAKZAKトップへ