社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
ミクシィに…アタック25予選「カンニングした」

児玉清さん司会の長寿番組「アタック25」
児玉清さん司会の長寿番組「アタック25」
 朝日放送(大阪)の長寿番組「パネルクイズ アタック25」で優勝した公立大医学部の少年(19)が、同番組の予選で「カンニングした」とネット上の日記に書き込んでいたことが3日、分かった。少年は賞金15万円と豪華景品を獲得。だが、自ら不正を暴露したことでネット上や予選敗退したクイズファンからは「詐欺だ」などと怒りの声があがっている。

 少年は最近放送された番組に出演。15枚のパネルを獲得し、優勝した。番組終了直後、匿名掲示板にソーシャルネットワークサービス「mixi(ミクシィ)」のアドレスが書き込まれ、少年が6月19日午後に記載した日記の内容がリンクされていた。

 「アッタクチャンス2」と題された日記の中で少年は「筆記試験受けてきましたよー」と予選の模様を振り返る。会場にいたクイズマニアを「気持ち悪かった」とバカにした上で、「自分は半分も解けませんでした」「勝つときは少々汚いことをしてもいい」と勝手な言い訳をし、「カンニングしました(笑)」「フツーに勝ちたいし、勝てばネタになるし。その結果 筆記通りました(爆)」(原文通り)とインチキの一部始終を自ら暴露した。

 少年はすぐに日記を削除したとみられるが、ネット上の掲示板では現在も、「詐欺だ」などとカンニングを非難する議論が巻き起こっている。

 実際、少年は番組で優勝はしたものの14問目で初めて正解し、好位置の「角」のパネルを獲得。運良く、他の学生のパネルを手中にしていった。

 6問の正答に対し、誤答は7問。誤答では「北極圏内で1年の大半が凍結した大地を何というか」に「フィヨルド」(正答・ツンドラ)、「衆院は解散の日から何日以内に総選挙となるか」に「15日」(正答・40日以内)。そして「金産出量日本一の菱刈鉱山は何県にあるでしょう」(正答・鹿児島県)に「北海道」と答え、最近人気者になっている司会の児玉清さんに「またお立ちだ」と突っ込まれるほどだった。

 優勝者のみが挑戦できる「充実のオーストリア・パリ9日間」獲得クイズは「国東半島」を「地元だから三浦半島」と答えてはずれたものの、パネル獲得分の賞金15万円と全国共通お食事券10万円分、ダイヤモンドネックレス、小型DVDプレーヤーを獲得した。

 降って沸いたようなインチキ疑惑にかつて同番組の予選で敗退した男性会社員(29)は「誤答が非常に多かった。実力のない人が出てはいけない。予選はカンニングをしようと思えばできるが、そこまでして出場したくない。クイズが好きな人間にとって意味がない」と表情を曇らせる。

 番組を制作した朝日放送広報部は「mixiの日記は本人のもの」としたが、カンニングに関しては「本人(少年)に確認を取ったが、2度否定した。予選を受けて通っただけでは面白くないので仲間内のウケでああいう表現をしたと話している」と疑惑を全面否定。同社は少年の弁を信じてこれ以上、追及しない方針を固めている。

 また、少年が通う大学は「本人から事情聴取をする予定」(広報担当)と話している。

■<「カンニングで優勝」>izaでブログを書く

【今日のオススメニュース】
細野不倫スキャンダル深刻…補選直撃、民主党大逆風
生涯勝てぬまま…ハルウララ引退へ、登録抹消
青いハンカチ“復活”…キティちゃんとコラボだ
また“お騒がせ”中村獅童…舞台で異例のお詫び
佑ちゃんだけじゃない…“ハンカチ世代”が球界救う

ZAKZAK 2006/10/03

また“お騒がせ”中村獅童…舞台で異例のお詫び(10/03)
芋煮にキムタク「うめぇのぉ」“飛び入り”に歓声(10/03)
スピードワゴン小沢、ただいま女子大生と交際中!?(10/03)
涼風真世“年下カレ”に「幸せでございます」(10/03)
ミクシィに…アタック25予選「カンニングした」(10/03)
笑顔の王子…藤森夕子、第1子に「ゆうき」と名付け(10/03)
「皆さまに深くおわび」NHK…地域スタッフ飲酒事故(10/03)
マヒナ三原さと志さん通夜に松平直樹ら250人(10/03)
岡江久美子&薬丸裕英はなまる10周年、弁当を販売(10/03)
石田純一「ジェラシーが愛の原動力」(10/03)
大月みやこ、6年連続の“劇場コンサート”(10/03)
“キャリア27年”秋野暢子「いつかカフェを」(10/03)
F・バイヤー氏死去…体制批判続けた旧東独映画監督(10/03)
ZAKZAKトップへ