社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
“元祖萌え系”田村英里子の苦難ハリウッド挑戦
7日公開凱旋映画「だからワタシを−」主演

“来日中”の田村英里子。再びロスに帰国する
“来日中”の田村英里子。再びロスに帰国する
 2001年に芸能活動を突如休止し、単身渡米した元人気アイドルの田村英里子(33)。日本では久々の女優業となる主演映画「だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!」(市川徹監督)が7日から東京・渋谷シネ・ラ・セットで公開される。女優としての成長の跡が見られる本作。その裏では、米ハリウッド挑戦を目指した「5年間のサバイバル生活」があった。

 田村は89年に歌手デビューし、各種新人賞を総ナメ。あどけない顔立ちに、セクシーボディーの“元祖萌え系”で、ドラマや映画で活躍した。

 順調な芸能生活をなげうっての単身渡米は、ファンには突然過ぎる印象だったが、本人にとっては念願だったという。

 「子供の頃から、ハリウッドの映画に出るのが夢でした。事務所ともずっと話はしていて、渡米する2年前には了解をもらっていたんですよ」

 当初、「語学留学」と発表されたが、所属事務所を円満退社。退路を断っての米国挑戦だった。

 住む場所のアテもなかった。現在、ロサンゼルスに拠点を置くが、「最初は、信用がないから、自分ひとりではアパートを借りられなくて。ルームメイトを探すところから始めたんですよ」。いち外国人労働者からの再スタートは、苦労の連続だったようだ。

 「ハリウッドではエージェントと契約しなければ、オーディションも受けられない。アクティングスクール(演技学校)に通いつつ、モデルやCMの仕事をやり、エージェントと契約できたのが3年目。何度も日本に帰りたいと思いましたね」

 英会話を修得し、「ほぼ毎日」オーディションを受けた。そして、ついに今年6月、現地公開された映画「サーフ・スクール」のサーファー役をゲット。ハリウッドデビューを飾り、「飛び上がるほど喜んだ」。

 ハリウッド第2弾出演作「ロックポイント(仮)」も決定済み。今度は主演格の1人としての抜擢だ。「まだ米国で頑張りますが、日本の映画にも出てみたいですね」と目を輝かす。

 今回の上映作品「だからワタシを座らせて。−」は、ブログで大反響を呼んだハウツー本が原作で、都心の満員電車での座席争奪バトルに男女の恋愛模様を絡めコミカルに描く。どう脱皮したか注目だ。

ZAKZAK 2006/10/05

オリラジ藤森、ヌード写真集!?しゃぶしゃぶ接待で…(10/05)
“くびれ女王”はhitomi…米倉、エビちゃん及ばず(10/05)
“元祖萌え系”田村英里子の苦難ハリウッド挑戦(10/05)
“暗号”追って…中村獅童“復帰”水川あさみ初挑戦(10/05)
ホスト8人組バンド「アクア・イーピー」年末は紅白!(10/05)
山本譲二の独立発表「死ぬ気でやります」(10/05)
今年の「理想のボス」は渡哲也…女性支持で2位から上昇(10/05)
“飼い主バカ”?動物タレント訓練に投資も出演なく…(10/05)
“スーパーボーイ”中村蒼、初舞台でデビュー(10/05)
「温暖化対策世界一に」シュワ知事、着実に再選足固め(10/05)
“嘆き”の女王?眞鍋かをり「痛いめ遭いますよ」(10/05)
計74チャンネルで飲酒運転撲滅キャンペーンCM(10/05)
オンキヨー、米ユニバーサルと音楽配信で提携(10/05)
ZAKZAKトップへ