社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
「クールファイブ」内山田洋さん、肺がんで死去
来年復帰の夢かなわず…

内山田洋  「内山田洋とクールファイブ」のリーダーとして、「長崎は今日も雨だった」「中の島ブルース」などのヒット曲を世に送り出した内山田洋(うちやまだ・ひろし=本名・内山田道生=写真)さんが3日午前、肺がんのため横浜市内の病院で、70歳で死去した。ボーカル、前川清(58)が独立してからの晩年は、どうだったのか。

 内山田さんは、胸の痛みを感じて今年4月末、横浜市内の病院で検査入院。肺がんが見つかり、闘病生活が始まった。

 関係者によると、すでに、がんはかなり進行しており、担当医が、「よくこの状態で仕事をしていた」と驚いたほどだったという。だが、入院中も「今年は無理だけど、来年からは大丈夫。仕事は入れておいて」と話すなど、復帰に向けて意欲を示していたという。

 集中治療室に出入りしながらの約6カ月の闘病生活の末、夫人と息子に看取られながら息をひきとった。

 内山田さんは、米軍キャンプを中心にギタリストとして活動した後、1967年に地元・長崎市で「内山田洋とクールファイブ」を結成。翌年に前川清がボーカルとして参加した。69年にはデビュー曲「長崎は今日も雨だった」が大ヒット。NHK紅白歌合戦にも11回出場した。

 だが、87年に飄々としたキャラクターと歌唱力で人気を得た前川がグループを脱退、人気は急降下した。96年には新メンバーを加えて「再び長崎」を発表したが、往時の人気は回復できず、自然解散状態だった。

 それでも、昨年10月には「ひとりで営業のステージをつとめることもある」とマスコミの取材に近況を語り、20代のバックダンサーを従えた「内山田洋とクールガールズ」を結成するなど、積極的に音楽活動を模索し、今年3月まで地方巡業していた。

 来年には、内山田さん作詞作曲の楽曲「人はなぜ」の発売も控えていたというが、復帰の夢はかなわなかった。自ら作曲した厳しい“東京砂漠”がどう映っていたのか。

ZAKZAK 2006/11/06

日テレ阿部アナが結婚…自身の出演番組で“報道”(11/06)
うの挙式報道に関係者「???」…事務所も即否定(11/06)
若槻千夏が過労でダウン…レギュラー8本超多忙(11/06)
「クールファイブ」内山田洋さん、肺がんで死去(11/06)
A・ジョリーとブラピ、アルカイダから脅迫されてた(11/06)
山口かおる、パチンコで大勝は15万円(11/06)
さだまさし「中国は好きな国」…感動して涙も(11/06)
香川県ゆかりの新旧映画を連日上映…さぬき映画祭(11/06)
条件満たさず「パプリカ」アカデミー賞候補入りも(11/06)
スターダスト・レビュー、全国ツアーファイナルで熱唱(11/06)
チェ・ジウの公式モバイルサイトがスタート(11/06)
谷村美月、男役に初挑戦…映画「銀河鉄道の夜」(11/06)
富司純子、髪バサリ…女優魂見せつける(11/06)
愛川ゆず季、男性マネジャーに回し蹴り&かかと落とし(11/06)
ZAKZAKトップへ