社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
低迷大相撲の“救世悪魔”「デーモン」初場所に再降臨

デーモン小暮閣下  7日初日を迎える大相撲初場所のNHK中継で、中日(14日)に芸能界きっての好角家、デーモン小暮閣下=写真=が、再びゲスト解説者として登場する。悪魔メーク(本人は素顔と主張)と国技の異色コラボはすっかり定着しそうだ。

 「彼はああいうアバンギャルドな外見とは裏腹に、古き良き日本文化の造詣も深い。“相撲小僧”でしたからね。昨日今日の知識じゃない。そこいらの専門家より、よっぽど深いですよ」

 こう語るのは、閣下と並んで相撲に詳しい漫画家のやくみつる氏(47)。実は桐蔭学園高校→早稲田大学を通じて閣下の先輩にあたるだけに、彼の“相撲オタク度”を、だれよりもよく知っている。

 「我が輩は、相撲ファン歴300年」と豪語してはばからない閣下は、昨年の初解説で「紅白に出るよりうれしい」と歓喜していた。実際、相撲好きは小学生時代にさかのぼる筋金入りで、高校の時は当時の蔵前国技館近くにある古本屋で、相撲文献を読みあさっていたという。

 ヘヴィメタバンド「聖飢魔II」として世に“降臨”してからは、相撲協会もさすがにあの姿での観戦は断ったようだが、「本人いわく“世を忍ぶ仮の姿”で、たびたび足を運んでいる」(角界関係者)という。

 やく氏によると、「今も場所ごとに全取組を録画して、自分だけのライブラリーをつくっている」というマニアックさ。“若貴バブル”が去り、外国人力士の台頭で以前より相撲人気が低迷する中、NHKにとっては知識・キャラクターとも得難い存在。再登場依頼は当然の成り行きか。

 閣下が出るのは初場所8日目、14日の日曜日午後3時15分から。注目度の高い時間帯だ。解説はメーンの正面が、十両は錦島(元前頭筆頭・敷島)、幕内は高砂(元大関・朝潮)の両親方が担当。そして向正面では十両・幕内とも閣下が務める。

 「伝統を守りつつも、改める所は改めようという改革論者でもある。彼みたいな人が横審に入ってくれれば、角界の未来も明るいんだけど…」と先輩・やく氏も期待の解説。苦境に立つ角界にとっては“悪魔の手”も借りたい事態か。

ZAKZAK 2007/01/05

初快挙…日本のロックグループのPVがMTVで戴冠(01/05)
沢尻エリカ、石原さとみ、上野樹里…新成人は大豊作(01/05)
役所広司ら競演の群像劇「バベル」米俳優組合賞候補に(01/05)
俳優ら集まるNY有名店オーナー、V・サルディ氏死去(01/05)
♪オムカレー食べたい!小学生がご当地名物応援歌(01/05)
まだまだ成長中!!里久鳴祐果の“休日”にどっきり!(01/05)

ユーチューブに閉鎖命令…スーパーモデル盗撮映像掲載(01/05)
低迷大相撲の“救世悪魔”「デーモン」初場所に再降臨(01/05)
ドコモ、日テレに出資…「ワンセグ」コンテンツ拡充(01/05)
NHKが番組ネット配信へ…名作、見逃した番組をゲット(01/05)
寂聴さん「京都名誉市民」に…人間国宝の茂山千作さんと(01/05)

ZAKZAKトップへ