社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
川崎麻世、危うく石原真理子の餌食に…迫られた?

石原真理子(写真下)に迫られていた麻世。カイヤ(右)も知らなかった!?
石原真理子(写真下)に迫られていた麻世。カイヤ(右)も知らなかった!?
 石原真理子(43)が自叙伝『ふぞろいな秘密』で、過去の男性との関係を赤裸々に明かして1カ月余り。名前が登場せず、ホッと胸をなでおろした関係者も少なくないが、そのひとりが俳優の川崎麻世(44)だという。

 「実は、麻世は高校時代に石原に迫られたことがあったそうだ」と話すのは、高校時代をよく知る関係者。

 石原は、聖心女子学院高等科から芸能界デビューのため、堀越高校に転校したが、このとき麻世は1学年上に在籍していた。堀越の芸能コースは当時、学年に関係なく、クラスが一緒。机を並べた時期があった。

 関係者が続ける。

石原真理子  「当時、ジャニーズ事務所に所属していた麻世は寮の2階に住んでいた。ある日の深夜、麻世が寝ようとすると、コンコンと窓を叩く音がする。カーテンを開け、窓の外を見ると、石原が窓から侵入しようとしていた、というんです」

 高校時代の石原といえば、さきごろ俳優、森本レオ(63)から濃密な“演技指導”を受けたことを自ら明かしたばかり。その一方で、石原の方から男にアプローチしようとした過去があったのだ。

 このときの状況を聞いた大阪の民放スタッフは、「麻世は石原の攻撃にビビったのか、タイプじゃなかったのか、誘いを断り、ことなきを得たそうです。『あのとき、もし受け入れていたら…』と震えてましたよ。もし、あの本に名前が出ていたら、またまたカイヤの怒りが爆発していたでしょうからね(笑)」

 そういえば、最近はプロレス「ハッスル」でも活躍中の妻、カイヤ(44)との夫妻危機はどうなったのか。

 昨年12月、ミュージカルの会見に出席した麻世は、「家の鍵も替えられてしまい、家に自由に出入りできない」と、報道陣へリップサービスしていたが、「いや、冗談ではなく溝は本当に深い」と語るのは女性誌の編集者。

 「半年ほど前に、麻世がストレス性の胃炎で救急車で運ばれたことがあった。麻世がそれを電話で伝えると、『私を引っ掛けるためのウソでしょ』とカイヤに言われたそうです」

 麻世にとっては、石原よりも、やっぱり妻の方が恐ろしい?!

【関連記事】
川崎麻世、危うく石原真理子の餌食に…迫られた?(01/12)
こちら真理子は不戦勝!?さんまは姿を見せず(12/21)
亀田場外戦ゴング? さんま真理子観戦でニアミス必至(12/20)
真理子また暴露「17歳で森本レオに処女奪われた」 (12/18)
男性13人の対抗措置は?石原真理子“自伝”赤裸々暴露(12/09)
石原真理子、外国人記者に語った…実名公表のワケ(12/08)
石原真理子、1日で630万円荒稼ぎ…暴露本ヒット(12/08)
業界総スカン? “パンドラの箱”開けた石原真理子(12/07)
石原真理子暴露本袋叩き会見「13人は私の誇り」(12/06)
初版「ほぼ完売」…玉置側、法的手段も/吉川は大筋認め(12/06)
お前が取材しろ、バカ!石原真理子会見場で“場外乱闘” (12/06)
石原真理子「金目当てではない」梨元氏明かす暴露のワケ(12/06)
石原真理子「女優は枕芸者」…玉置浩二との不倫劇も(12/05)

ZAKZAK 2007/01/12

立ち食いそばチェーン演歌CD発売…そのワケ(01/12)
川崎麻世、危うく石原真理子の餌食に…迫られた?(01/12)
日本プロゴルフ「名誉会員」小林旭は認定、巨泉は落選(01/12)
“美ワキ”武器に…目指すは「エロドル」山内聖子(01/12)
良いステージで母に恩返し…ひとりごと林明日香(下)(01/12)

自壊NHK“裸で出直し”必要…OZMAは出入り禁止(01/12)
竹内結子「お互いに大変ですよね」余裕の一言(01/12)
キムタクWOWOWに初出演…アカデミー賞授賞式(01/12)
「母も被害」ジミー大西、ワースト大阪の防犯に一役(01/12)
アリキリ石井、離婚自虐ネタ…石塚は“結婚宣言”(01/12)
サトエリ、アントワネットの豪華ドレスに目を輝かせ…(01/12)
群像劇「バベル」本命候補に浮上…米脚本家組合賞(01/12)
玉山鉄二「感じが悪かったと思い、謝りました」(01/12)
「関西元気文化圏賞」大賞に繁昌亭の開設委員会(01/12)

ZAKZAKトップへ