社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
加藤茶、危険だった病状「いつ破裂するか…」激白
10時間の大手術

“命の恩人”四津教授(右)の前であいさつする加藤茶
“命の恩人”四津教授(右)の前であいさつする加藤茶
 大動脈解離のため緊急入院し手術を受けた加藤茶が24日、退院後初めて公の場に姿を現した。顔色もよく、10時間に及んだ大手術について、「ボクは“気絶”していて分からなかったですけど」と冗談も。2月半ばには仕事に復帰したいと、回復ぶりをアピールしていた。

 姿を見せたのは、かかりつけ医で、緊急入院のときも異変を見逃さず慶応病院に搬送を指示した水町クリニック(東京・西新宿、水町重範総院長)の設立25周年記念祝賀会。招待客として参加していたが、「ごあいさつぐらいはしたい、という本人たっての希望」(関係者)で、壇上に。

 まずは、「だいぶやせました。筋肉は落ちて、ケツなんかない。前はふっくらしたいいケツだったんですがねえ」と体調について報告。

 リハビリについては、「夜中に起きてマンションの中を歩いている。でも住人にうさんくさい目で見られるんです。何せメガネかけて帽子をかぶっていますから」とおどけてみせた。

 加藤はかねて同クリニックに通院していたが、昨年10月に体調の異変を感じ、CTスキャンなどで精密検査してもらったところ、心臓につながる大動脈の内側が裂ける大病「スタンフォードA型大動脈解離」と診断された。

 すぐに慶応大病院への緊急入院を紹介した水町総院長は、こう振り返った。「調子悪くて、『胸が痛い、胸が痛い』って言っててね。クリニックにいたんだけど、一切動かせない状態で、救急車で慶応に飛び込んで、心臓外科の先生方のチームワークでカトチャンを救ってくれた」。

 また、担当医の四津良平・慶応大病院教授(心臓外科)は、「この病気は助かる人の方が少ない。ティッシュをぬらしたように血管が破裂してしまうかもしれない状態。手術を先延ばしにしているうちに破裂してしまうかもしれないので、悩ましかった」と明かした。

 「2月の半ばぐらいから復帰したい。食えないですから」と笑わせた加藤に、四津教授とともに担当医だった志水秀行・慶応大病院講師も「もう大丈夫だと思います」と太鼓判を押していた。

【関連記事】
あなたにも忍び寄る…加藤茶の大動脈解離の恐怖(2006/12/26)
加藤茶会見、心臓10時間手術…2週間生死の境(2006/12/25)
加藤茶会見…医師団も驚き「あの手術から生還は大変」(2006/12/25)
加藤茶が都内の病院に緊急入院…心臓疾患の疑い(2006/11/02)

ZAKZAK 2007/01/25

お父さんのアレ熱くした幻の80年代ピンク映画復活(01/25)
「命がけで頑張りました」梨元&東海林“恐縮”CM(01/25)
処分発表後は「甘すぎ」と厳しく…苦情など1万件突破(01/25)
大阪・ミナミの公園「漫才練習禁止」看板の今後は…(01/25)
【CMのミカタ】コスプレ藍のナイスショット(01/25)
菊川怜&上戸彩、ソフトバンク新機種PR(01/25)
都はるみ、129回目の新曲披露に秘めた思い(01/25)
やりすぎず、やらなさすぎず…ひとりごと寺島進(2)(01/25)
Eカップ、バストの形が自慢!森崎愛に釘づけになる!(01/25)
実力派だけど不思議なコンビの「イワイガワ」が登場!(01/25)
団塊世代向け…ワイルドワンズをイメキャラに起用(01/25)

加藤茶、危険だった病状「いつ破裂するか…」激白(01/25)
そのまんま東を支えた頭脳集団! でも当選後は…(01/25)
夏川りみ事務所独立&休養を告白…見つめ直したい(01/25)
福岡出身・黒木瞳から鹿児島出身・小西真奈美にバトン(01/25)
松下奈緒「初めての制服にワクワクしてます」(01/25)
“あるある”問題「あってはならぬ」とNHK放送総局長(01/25)
関根勤、麻里父娘がラジオ共演「2人でM−1に」(01/25)
「研究員」あゆみに萌え〜白衣コスプレにメガネ(01/25)
「演劇界」が一時休刊へ…小学館の株保有を機に衣替え(01/25)

ZAKZAKトップへ