社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
大阪・ミナミの公園「漫才練習禁止」看板の今後は…

 お笑いのメッカ、大阪・ミナミで、若手芸人らがリハーサルに使っていた公園に「漫才禁止」の看板が設置されている。公園を管理する大阪市は「うるさいと苦情があった」と説明しているが、第2のダウンタウンを目指す若者たちにとっては貴重なけいこの場が奪われた形だ。

 この公園は大阪市中央区の難波千日前公園。多くの若手芸人が登竜門として出演する劇場「baseよしもと」から約150メートルのマンションや事務所が立ち並ぶ一角にある。

 楽屋では肩身の狭い若手芸人らが、長年けいこに使ってきたという。

 しかし、ここ数年「うるさい」との苦情が何度か公園事務所に寄せられた。市は2005年10月に「大声で漫才などの練習をしないでください」との小さい看板を置いたが、効果がなかったので、翌月、1メートル四方大の現在の看板に換えた。

 公園で相方を待っていた男性芸人(29)は「オーディション前になると楽屋に約50組が押し込められる。迷惑を掛けてはいけないが、集中して練習したくて利用してしまう気持ちは分かる」と話す。

 吉本興業は楽屋を持たない芸人養成所の若者らに注意を呼び掛けている。最近では近くの多目的ホール前の広場などを使う人も多いという。

 公園近くに住む女性は「看板が置かれてからは静かになった。芸を磨くためで、単なる騒音と違うので気にならない」と好意的。公園事務所も「大声でなければかまわない。問題がなければ、看板の撤去も考えている」と話している。

ZAKZAK 2007/01/25

お父さんのアレ熱くした幻の80年代ピンク映画復活(01/25)
「命がけで頑張りました」梨元&東海林“恐縮”CM(01/25)
処分発表後は「甘すぎ」と厳しく…苦情など1万件突破(01/25)
大阪・ミナミの公園「漫才練習禁止」看板の今後は…(01/25)
【CMのミカタ】コスプレ藍のナイスショット(01/25)
菊川怜&上戸彩、ソフトバンク新機種PR(01/25)
都はるみ、129回目の新曲披露に秘めた思い(01/25)
やりすぎず、やらなさすぎず…ひとりごと寺島進(2)(01/25)
Eカップ、バストの形が自慢!森崎愛に釘づけになる!(01/25)
実力派だけど不思議なコンビの「イワイガワ」が登場!(01/25)
団塊世代向け…ワイルドワンズをイメキャラに起用(01/25)

加藤茶、危険だった病状「いつ破裂するか…」激白(01/25)
そのまんま東を支えた頭脳集団! でも当選後は…(01/25)
夏川りみ事務所独立&休養を告白…見つめ直したい(01/25)
福岡出身・黒木瞳から鹿児島出身・小西真奈美にバトン(01/25)
松下奈緒「初めての制服にワクワクしてます」(01/25)
“あるある”問題「あってはならぬ」とNHK放送総局長(01/25)
関根勤、麻里父娘がラジオ共演「2人でM−1に」(01/25)
「研究員」あゆみに萌え〜白衣コスプレにメガネ(01/25)
「演劇界」が一時休刊へ…小学館の株保有を機に衣替え(01/25)

ZAKZAKトップへ