社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
川内康範氏、独占手記「森は歌の心がわからない」

意気軒昂な川内氏。歌に対する愛情は人一倍だ
意気軒昂な川内氏。歌に対する愛情は人一倍だ
 昭和を代表する名曲「おふくろさん」の冒頭に、歌手の森進一氏(59)が無断でセリフを足して歌っていた問題で、作詞した作家の川内康範氏(87)が5日、夕刊フジに独占手記を寄せた。改めて、森氏に「おふくろさん」を2度と歌わせないことを宣言するとともに、国を滅ぼしかねない日本人の倫理観や道徳観の欠如に警鐘を鳴らした。

 戦後60年余り、日本は本当に殺伐とした国になってしまった。物質万能の世の中になり、義理も人情も薄れた。愛も正義も廃れてきた。親の子殺し、子の親殺しまで起きている。実に悲しいことだ。

 今回の一件は、日本人が常識を失い、心が崩壊しつつある象徴的な出来事かもしれない。

 森が「おふくろさん」の冒頭に勝手にセリフを入れて歌っていることを、私が知ったのは10年ほど前になる。それ以来、何度も「止めるように」と指示してきた。

 ところが、森は昨年の大みそかのNHK「紅白歌合戦」でまたセリフを入れた「おふくろさん」を歌った。これは許すことはできない。

 あの歌は、私の亡き母の教えである「無償の愛」「普遍の愛」を、小説やシナリオとともに、作家として可能な限り込めた心骨である。

 私は北海道函館市で育った。もとは商家だったが、父は途中で仏門に入り住職になった。家には檀家の方々が供えてくれた米やお菓子、果物があったが、母はそれを子供たちにはほとんど手をつけさせず、ある程度たまるとリュックサックに入れて、「さあ、行くよ。黙って渡すんだよ」と貧しい人々に配って歩いた。

 「世の中にはやむを得ず、ああいう生き方をしなければならない人もいる。大きくなったら、人々に幸せをあげられるようになりなさい」

 そう母は教えてくれた。隣人を愛し、社会に献身せよ。これが、無償の愛、普遍の愛だ。森がセリフで加えた「いけない息子の僕でした」というのは個人的な母への心情であり、志がまったく違う。

 人が心血を注いだ作品を勝手に解釈し、何の断りもなくセリフを追加しただけでなく、何回注意しても「放っておけばいい」とでも思っているのか、無視して止めようとしない。で、今日を迎えた。

 今年に入り、私は再び森に強く抗議した。2月半ば、「本人が事情説明する」というので待っていたら、体調不良を理由に一方的にキャンセルしてきた。

 問題が大きくなって、私の都内の宿泊先や青森県の自宅を訪ねてきているようだが、報道陣を引き連れ、さも自分が被害者のように振る舞っている森の「三文芝居」に、もう私は付き合う気はない。

 歌は人の志を運ぶ船。歌の心が分からないだけでなく、常識が欠落したような人間には、私の歌を歌う資格はない。

 それにしても、日本にはいつの間にか、森のような自己中心的な人間が増えた。

 日本人はかつて倫理観や道徳観に優れ、豊かな人間性を世界に誇っていた。何よりも名誉を重んじ、貧困より正直さを選ぶ国民性を持っていた。

 それが第二次世界大戦で敗れ、戦後、経済発展だけを目標に邁進してきた結果、「自分さえ良ければいい」「儲けるヤツが正義」といった利己主義や金銭万能主義が蔓延した。常識が欠落し、心が崩壊したおぞましい人間ばかりが増えてしまった。

 むき出しの欲望がぶつかり合うような、殺伐とした世の中では国は滅びる。義理や人情、愛や正義が無くなれば、この世は闇だ。私は歌で日本を再生させたい。これからも、人々にやすらぎを与えるような歌をつくっていきたい。

■かわうち・こうはん 1920(大正9)年2月26日、北海道函館市生まれ。テレビドラマ「月光仮面」の原作や、テレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の監修などで活躍。作詞家としては松尾和子の「誰よりも君を愛す」、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」などでヒットを飛ばした。

 政治評論家としても著名。84年にはグリコ・森永事件の犯人にマスコミを通じ、「罪のない人々が不幸を背負わされる不条理は赦されない」「俺が1億2000万円出すから手を引け」と訴えて話題を呼んだ。

【関連記事】
森進一どうする!?「おふくろさん」川内康範氏死去(2008/04/07)
森進一「面会願い」叶わず…川内氏に手紙も受取り拒否(2008/03/21)
あの「おふくろさん」川内康範氏と福田首相が密談(2007/12/26)
復刻版「月光仮面」変更に川内康範氏のこめたる思い(2007/10/11)
川内康範氏、体調不良で静養…公開レコーディング欠席(2007/08/30)
猪木も小さく見える? 川内康範氏“消えぬ闘魂”(2007/08/08)
川内康範氏「森には“ともだち”はいない」(2007/08/02)
川内康範氏まだ意気軒高…4カ月ぶり公の場に(2007/06/08)
森進一「おふくろさん」封印「不器用な生き方しか…」(2007/03/12)
森進一甘くはなかったが…芸能界手みやげ事情(2007/03/06)
川内康範氏、独占手記「森は歌の心がわからない」(2007/03/05)
【芸能ニュース舞台裏】森進一の交友関係の狭さ象徴 (2007/03/05)
森進一“みちのくおわび旅”…川内氏「三文芝居」(2007/03/01)
森進一アポなし謝罪で門前払い…ホテルロビーに1時間(2007/02/23)
“おふくろさん騒動”森進一の弱点は金銭と人付き合い(2007/02/22)
森進一釈明会見「川内氏に会って事情をお話ししたい」(2007/02/21)
作詞家の大御所が緊急会見「歌わせない」森進一に激怒(2007/02/20)

ZAKZAK 2007/03/05

寺島しのぶ結婚…かねて交際、フランス人男性(03/05)
川内康範氏、独占手記「森は歌の心がわからない」(03/05)
宇多田ヒカル離婚背景、元夫と父との主導権争い!?(03/05)
河島英五が追悼DVDでよみがえる…全45曲を厳選(03/05)
「ドラリオン」動員10万人達成…モー娘。も祝福(03/05)
【芸能ニュース舞台裏】森進一の交友関係の狭さ象徴(03/05)
【芸能ニュース舞台裏】叶姉妹にやられた!? 女性誌(03/05)
【芸能ニュース舞台裏】マスコミ慌てさせた円楽会見(03/05)
【芸能ニュース舞台裏】麻央、姉の不運に便乗しきれず(03/05)
慎太郎「硫黄島よりずっとマシ」総指揮映画語る(03/05)
相澤亜希、Gの衝撃…極小ビキニで完璧バディーを披露(03/05)
ゴア「不都合な真実」発覚…電気代月16万(03/05)
ユーチューブ、BBCと提携…著作権侵害に対応(03/05)
みのもんたもあきれた…予算案衆院ドタバタ採決(03/05)
「史上最笑の2人会」春風亭昇太vs昔昔亭桃太郎(03/05)
37年間の“集大成”篠山紀信撮影50万円の玉三郎写真集(03/05)
キー局にまけるな!UHF6社が共同でクイズ番組を制作(03/05)
英BBCの報道、異例の差し止め…選挙資金融資疑惑(03/05)
【シネナビ】「ゴーストライダー」(03/05)
【シネナビ】「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(03/05)

北島vs真央ガチンコ対決! 視聴率で軍配どちらに(03/05)
バラエティーはイヤ! TBS川田亜子アナがフリーに(03/05)
川内氏、JASRACに森進一の歌唱差し止め訴え(03/05)
引退報道の飯島愛、繊細な素顔…大きな2つの悩み(03/05)
紛失「のど自慢」名簿を発見…差出人「NHK」の宅配便(03/05)
ビキニ姿で“悩殺”滝ありさ、ナース姿では“笑殺”(03/05)
“35周年”天童よしみ、大相撲界に“デビュー”へ(03/05)
“ケータイ刑事”小出早織「100位以内にぜひ…」(03/05)
スピルバーグ監督購入の絵画、34年前被害の盗品だった(03/05)
阿部サダヲ「ジブリ発掘アニメの声優やりたい」(03/05)
「スキマスイッチ」今秋10万人動員の5大都市ツアー(03/05)
“特別宣伝部長”安田大サーカス「実写で総統役を…」(03/05)
新生「テイク・ザット」11年ぶり来日、イベント開催(03/05)
親善大使、杉さま贈呈のカメラ使って映像コンテスト(03/05)
携帯で「ディズニーの街」の住人に…3社で新サービス(03/05)

ZAKZAKトップへ