社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
徳光アナ「死んでいた」…年金記録で「死亡扱い」
夫人が申請に行ったら「遺族年金ですか?」と窓口

8月には恒例の「24時間テレビ」にも登場する徳光さん。バリバリの現役なのに社保庁の記録は…
8月には恒例の「24時間テレビ」にも登場する徳光さん。バリバリの現役なのに社保庁の記録は…
 年金記録の“消えた5000万件”をめぐり国民の怒りが沸点に達しているなか、またひとつズサンなデータ管理を示す事例が明らかになった。フリーアナウンサー、徳光和夫さん(66)が社会保険庁の記録上で「死んでいた」のだ。

 社保庁の窓口は連日、長蛇の列で、年金問い合わせの電話はパンク状態。夕刊フジ編集局にも連夜、読者から年金問題への怒りの声が寄せられる。有名人にとっても、それは例外ではなかった。

 徳光さんが年金記録で「死亡扱い」になっていた驚きのエピソードを最初に明かしたのは、今月8日放送の「幸せって何だっけ〜カズカズの宝話〜」(フジテレビ系、金曜午後8時)。

 番組冒頭でニュースをピックアップするコーナーで司会の細木数子さんが(69)が年金問題について語り出した。

 〈私のは、経理が新宿の社保庁で調べた。長時間待たされて、加入が1991年で16年間しか払っていない、と言われた。そんなはずはないんですよ。結婚して名前が変わって、離婚して名前が変わって(旧姓に戻って)、再婚してまた名前が変わった。2回名前が変わっているんです。その間が空白になっていた〉

 この発言を受けとった徳光さんは、〈5000万分の1だったわけですよね。僕も実は、そうなんです〉と、秘話を明かした。

 〈カミさんが、私が65歳になって年金申請に行ったら“遺族年金”ですかって言われて。死亡欄に私の名前が出ていて…。そんな間違った、誤った記載がされているわけですよ〉

 いつもは温厚な徳光さんの渋面に、スタジオじゅうが一瞬、凍り付いた。

 細木さんは、思わず、〈そんないかにいい加減な組織にわれわれは毎月お金を払っていたか、ということですよ!〉と怒りのボルテージを上げた。

 この日、番組の平均視聴率は、同時間帯トップの14.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高い数字だっただけに、反響も大きかったようだ。

 改めて徳光さんの所属事務所に確認した。

 「奥さまが支給の申請で窓口へ行くと、『徳光和夫さんは亡くなられていますね』といわれたそうです。『そんなことはありません』と問いただしたところ、職員がすぐに詫びて、誤りを確認したため、トラブルにはなっていません。支給そのものに問題はないんです」

 そうは言っても、「死亡扱い」など、だれにとっても気分がいいものではないし、不信感が一気につのるだろう。

 経済ジャーナリストの荻原博子さんも、こう嘆く。「死亡扱いだなんて、銀行ならば大変なことになる。あきれ果てますね。こんなことでは、相互扶助で成り立っている年金から、若者たちがますます遠のいてしまう」。

 そして、国民のだれもが思う次の言葉で締めくくった。

 「社保庁は根底から解体しないといけない。今すべきことは、社保庁のトップが天下っている厚生労働省から切り離し、利権のからまないところで年金に命をかけるような人にやってもらわないと絶対ダメ」

■とくみつ・かずお 1941年3月10日生まれ。東京都出身。立教大学社会学部卒業。63年4月に日本テレビ入社。高校時代からの筋金入りのG党で、「人生のすべてを長嶋茂雄にささげよう」と決意し、立教を受験。日テレでは、スポーツ、クイズ、歌番組など幅広いジャンルを担当した。89年に退社し、その後フリーアナウンサーに転身。01年6月に狭心症で緊急入院し、生死をさまよったが同月末には現役復帰を果たした。

 テレビ中継で高視聴率を記録した先月30日の「藤原紀香・陣内智則」の豪華披露宴では司会を担当した。

ZAKZAK 2007/06/14

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
三原じゅん子&ハッピハッピー。おしどり夫婦の温度差(06/14)
「ゴンチチ」が挑戦…コンビ初の“解体ライブ”(06/14)
ジェラルド・バトラー、映画「300」で肉体美公開中(06/14)
猪瀬「お手伝いしたい」テレビで副知事に前向き発言(06/14)
【CMのミカタ】アレ? 転向?「ブレンディ」(06/14)
キャリア廃業し俳優へ…東大法卒国交省エリートの素顔(06/14)
障害もつ子供たちの改善目指す「リボーンコンサート」(06/14)
TBS、楽天に対する買収防衛策で特別委に諮問(06/14)
「マイペースときどき小悪魔」あまのまいにドキドキ! (06/14)
米女優ミア・ファローらが「もう一つの聖火リレー」(06/14)
新バッハ全集編さん完了…1100曲を103巻に(06/14)
【ロングインタビュー】中村美律子(2)(06/14)
【本ナビ】「日本の闇権力人脈金脈の構図」(06/14)

テレ朝の石井アナがヒルズ婚…お相手は楽天球団社長(06/14)
「あやや妊娠防ぐ」ミュージカルW主演で筧利夫が宣言(06/14)
「フサイチ」馬主・関口氏が国民新党から参院選出馬(06/14)
丸川アナ後任、地デジ大使はテレ朝のタカラジェンヌ(06/14)
徳光アナ「死んでいた」…年金記録で「死亡扱い」(06/14)
中森あ“奇”な、注目の演歌アルバム3種類ジャケ(06/14)
松居一代は125歳まで生きられる内臓を持ってます(06/14)
小松千春が「性の奥義」をきわめられちゃう映画(06/14)
スリムだけどFカップ!新人グラドル西田麻衣がDVD(06/14)
【映画ナビ】「ハリウッドランド」(06/14)
【映画ナビ】「ラストラブ」(06/14)

ZAKZAKトップへ