社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
ももいろ
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • 産経新聞グループのサイト
  • iza
  • Sankei Web
  • サンスポ
  • FujiSankei Business i.
黒澤作品も販売禁止…格安DVDで著作権侵害

 「生きる」など黒澤明監督(1998年死去)初期の10作品のDVDを無断販売し、著作権を侵害したとして、東宝と角川映画が販売業者コスモ・コーディネート(東京)に販売差し止めなどを求めた訴訟の判決で東京地裁は14日、差し止めと在庫の廃棄を命じた。

 著作権がいつまで保護されるかが争点で、市川正巳裁判長は「作品には『監督 黒澤明』などの表示があり、黒澤監督は著作者の1人。著作者の死後38年間保護されるとの旧著作権法の規定が適用され、少なくとも2036年まで著作権が存続する」と指摘した。

 対象は、東宝が「姿三四郎」(公開43年)から「生きる」(同52年)まで8作品。角川映画は「羅生門」(同50年)など2作品。東宝の販売価格は1枚4000―6000円程度だが、コスモ社は1000円で売り出した。

 コスモ社側は「作品は東宝などの名義で公開されており『(会社など)団体名義の著作の場合、保護期間は公表後33年間』との規定が適用されるなど、著作権は既に消滅したはずだ」と主張したが、判決は「映画の著作者は制作、監督、演出などを担当し、全体的形成に創作的に関与した者と解するのが相当」として、黒澤監督を著作者の1人と判断。コスモ社側の主張を退けた。

 同種訴訟は、チャプリン作品のDVDでも起こされ、東京地裁は8月、同様に著作権侵害を認定、販売差し止めなどを命じる判決を言い渡した。

ZAKZAK 2007/09/15

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
ZAKZAK美女プレイバック(10〜14日)(09/15)
落語定席「繁昌亭」が1周年…盛況祝って鏡開き(09/15)
ミキティも出場予定…韓国でアリーナ出火しショー中止(09/15)
O・J・シンプソン氏を聴取…ホテルの部屋侵入容疑(09/15)
黒澤作品も販売禁止…格安DVDで著作権侵害(09/15)
過激DVDの小田ひとみ、私服は現役女子高生らしく…(09/15)
草薙さんから任意で聴取…奈良地検(09/15)
ZAKZAKトップへ