社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
  • iza
  • MSN産経ニュース
  • SANSPO.COM
  • FujiSankei Business i.
  • SANKEI EXPRESS
元若乃花、花田勝さん離婚「13年間結婚生活に感謝」

若乃花としての断髪式ではおかみさんとしてネクタイを整えていた美恵子さん
若乃花としての断髪式ではおかみさんとしてネクタイを整えていた美恵子さん
 元横綱若乃花の花田勝氏(36)が美恵子夫人(38)と離婚したことが3日分かった。夫妻がマスコミ各社へのFAXで明らかにした。2日に正式に離婚届を提出した。書面では、「2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました。出逢えたこと、4人の子供を授かったことなど13年間の結婚生活に感謝しています」と連名でサインが記されている。離婚の理由は明らかにされていない。

 2人が出会ったのは、美恵子さんが日本航空の客室乗務員時代だった。

 美恵子さんの1年先輩で、当時を知る客室乗務員は「か細い感じで抜けるような色白の美恵子さんは、とても物静か。それでもひときわ目立つ存在でしたが、自分から率先して仕事をこなすタイプではなかった。フライト先でもみんなでワイワイ食事に行くようなタイプではなかったが、たまたま参加した合コンで若乃花関に見初められたようです」となれそめを振り返る。

 美恵子さんは成城学園高校在学中から雑誌『オリーブ』のモデルとして活躍。成城大学卒業後の1991年に国際線のスチュワーデスとなったが、94年に若貴ブームの中、若乃花に“永久就職”した。

離婚を連名でマスコミに報告した(クリックで拡大)
離婚を連名でマスコミに報告した(クリックで拡大)
 若乃花はその後、95年には横綱に昇進し、史上初の兄弟横綱となった。美恵子さんは故障に苦しみながらも奮闘する夫を陰で支え続けた。

 若乃花は、2000年の3月場所中に引退を表明。年寄り「藤島」を襲名したが、引退後間もなく、相撲協会を退職すると、夢だったアメフト選手をめざし渡米するなど、タレントやスポーツキャスターとして活躍。ここ数年は、実業家としてちゃんこ店「ChankoDining若」など飲食店を手広く経営していた。花田家はこれまで、弟・貴乃花(一代年寄)との不仲問題や、藤島親方と藤田憲子さんの離婚問題など、トラブルが続出していた。


元若乃花、花田勝さん離婚「13年間結婚生活に感謝」(10/3)
叶姉妹弁護士の辣腕ぶり…花田勝氏にサッチーも担当(2/26)
【スポーツ高座】ガチンコ若貴の偉大さワカっタカ?(2/1)
【うわさのカップル解剖】花田勝・美恵子さん(2006/6/3)
貴、視聴率横綱? 兄弟バトルでテレビ出まくり(2005/6/20)
元家政婦は見た!!TVで証言、若貴問題(2005/6/10)

ZAKZAK 2007/10/03

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
元若乃花、花田勝さん離婚「13年間結婚生活に感謝」(10/03)
アグネス・チャンが初期の乳がんを手術(10/03)
エリカ様“暴走”前日は饒舌演技論「ワンカットで…」(10/03)
オタク、おばさん合体“ヲバ芸”って何?(10/03)
「おしりかじり虫」紅白出場見えた!?早くも名乗り(10/03)
マナカナ姉・三倉茉奈が結婚?!ウワサをブログで否定(10/03)
L&G大物芸能人ズラリ…広告塔“貢献度”と責任(10/03)
「3足わらじ」堀ちえみ、エッセーでホンネ綴る(10/03)
安藤悠美〜女神のからだ…も、もう我慢できません!(10/03)
巨人優勝特番の視聴率13.8%…日本テレビ(10/03)
「速くなる方法」伝授…ニッポン放送公開収録イベント(10/03)
日テレ局長が新潮社提訴…「わいせつ記事」で名誉棄損(10/03)
ダイアナ元妃の死因究明へ…本格審理、来春にも結論(10/03)

エリカ様まだまだプチ女王?大物プッツンに比べれば…(10/03)
ベルギーにデスノート「キラ」出現! 猟奇殺人事件(10/03)
“秋の夜長”の夢を「オータムジャンボ」好評発売中(10/03)
巨人セ界制覇にお笑い芸人・星飛雄馬「猛烈に感動!」(10/03)
寂しい時は…B100爆乳・愛川ゆず季と“添い寝”だ(10/03)
「サマンサ」大ファン・平山あやが成田でテープカット(10/03)
「金八先生」第8Sで武田鉄也が切なくなった事とは…(10/03)
佐藤浩市、NHK木曜時代劇で会見「家族は大事に…」(10/03)
黒川紀章さんを起訴猶予…追突事故、タクシー客けが(10/03)
「死霊」創作メモを発見…埴谷雄高さんの代表作(10/03)

ZAKZAKトップへ