社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
いま再び注目!! 夢とロマンが“裸舞”する世界
ストリップ誕生60年

黄金劇場の楽屋で踊り子に囲まれる島根社長=中央
“黄金劇場の楽屋で踊り子に囲まれる島根社長=中央
 暮れゆく2007年。実は今年は、1947年1月に“額縁ショー”と呼ばれたストリップが誕生して60年という記念すべき年であった。しかし、実際には各地のストリップ劇場は激減し、沈滞久しい。その業界にいま、再び注目を集める動きが出ているという。

 横浜市中区末吉町にある「黄金(こがね)劇場」。12月初旬の土曜日の夕方、昭和40年代から時計が止まったような風景の客席はガランとしていた。もっとも、満席でも定員は34人だが…。

 入場口で、もぎりも兼ねる社長の島根和子さん(55)も手持ちぶさたの表情だ。

 −−入りはどうですか?

花魁姿で舞う人気ストリッパー、芹沢直美=「ザ・ストリップ」(日本ジャーナル出版)より
花魁姿で舞う人気ストリッパー、芹沢直美=「ザ・ストリップ」(日本ジャーナル出版)より
 「悪いです。借金まみれです…」

 劇場の前を流れる大岡川の周囲には、以前は街娼が立ち、近くのソープ街がにぎわっていた時代もあったという。

 「いろいろと“浄化”されちゃってね。その影響で客足が遠のいたこともあるわね」

 言葉は重いが、島根さんはあっけらかんとした表情で話す。自身も4年前まで「ヘンリー麻耶」の名前でステージに立っていた元踊り子だ。

 「ここはもう50年近く営業しているんだけど、私が経営を引き受けたときからこんな感じよ」

舞台上の妖精として人気の西野さゆき=「ザ・ストリップ」(日本ジャーナル出版)より
舞台上の妖精として人気の西野さゆき=「ザ・ストリップ」(日本ジャーナル出版)より
 5人の踊り子が日に4ステージをこなすが、「満員? あり得ないね」という。

 それでも、熱心な客は、いまも足を運ぶ。

 「電気工事屋さんや大工さん…。お客さんが劇場の修繕なんかもやってくれるし、私がちょっと窓口を空けるときは女の子たちが替わって座ってくれる。みんなで協力してやってますよ。劇場の大家さんも応援してくれているからね」

 そんな、火が消えそうな世界に注目して、映画化した人がいる。

「ザ・ストリップ」  「ザ・ストリップ」を監督した雨月(うげつ)さん(58)=写真右。本名の渡辺孝明として、三里塚闘争から中東戦争、ソ連崩壊まで硬派な現場を渡り歩き、主にドキュメンタリーを撮り続けてきた人だ。

 今回のテーマは「超大衆路線」と言い、ストリップを題材にしたのは初めてだ。

 映画では、ストリップの歴史的な側面や踊り子たちが日常で見せる素顔にも迫るが、雨月さんは、「ドキュメンタリー的なものよりも、彼女たちが立つ舞台の姿を描きたかった」という。実録というよりはフィクションに近い作品を目指した。

映画には、伝説のストリッパー、ジプシー・ローズが踊る貴重な映像(製作・日本ドキュメントフィルム社「女は下着でつくられる」)も含まれる
映画には、伝説のストリッパー、ジプシー・ローズが踊る貴重な映像(製作・日本ドキュメントフィルム社「女は下着でつくられる」)も含まれる
 「踊り子さんたちが一番見せたいのは、舞台の上のきれいな姿。そこから、ギリギリの裸で勝負する彼女たちの人生も見えてくる」

 映画では、5人のストリッパーを追いかけたが、苦労もあった。

 「やはり、みなさん個性的な人たちでした。朝の撮影の約束が夜になったりすることもしょっちゅうでしたね。過去の映像資料も出したかったのですが、何十年も前のものでも、本人ではなく関係者から『裸は見せたくない』と拒絶され、調整が大変でした」

 裸体のアイドルから、体を張った花電車、そして日本最高齢(?)の踊り子さんにまで密着した映画は、ストリップ60年の歴史を振り返る意味からも貴重なフィルムだ。

 夕刊フジで「イチ押しストリップギャル」を連載するフリーライターの青木優さんは、「“当局”の締め付けもあり、今のストリップにはナマ板ショーも消え、アソコを見せない踊り子もいます。劇場は一昔前と比べて半減。踊り子も全国で100人くらいでしょうか。しかし、最近はAVから転向してきた子たちが頑張っています」と現況を説明する。

 「客層は高齢者が多いのは事実ですが、一方で踊り子たちがブログなどで情報発信して、デジタル世代の若い客も増えています。都内の人気劇場ではTバック姿で何人もの踊り子がレビューで登場して華やかですよ。しかも、ツブぞろいです。AVから転身した子が初舞台を踏むときには多くのファンが詰めかけます」

 猥雑さとそこにあるエネルギーが、ストリップとストリップ劇場の魅力だったが…。

 「もはや『ストリップが好き』とは言いにくい時代かもしれませんが、劇場で踊り子に声をかけられるライブの魅力は消えません。これからもストリップは“夢とロマン”を秘めたものであり続けると思います」

 お暇があれば一度いかがですか、ご同輩?

 【起源は額縁ショー】

 日本のストリップは、東京・新宿の角筈(つのはず)=現在の新宿3丁目=にあった帝都座で1947年1月15日に行われた額縁ショー=同下(左)=が起源。「名画アルバム」と銘打ち、額縁の中の裸体画を生身の女性が見せるという趣向。動くことは許されなかった。

 その後、舞台上で入浴する行水ショー=同下(中)=などに変化し、踊りながら裸も見せる現在に近いスタイル=同下(右)=になっていった。

額縁ショー 行水ショー 現在に近いスタイル

ZAKZAK 2007/12/19

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
古谷徹、アムロへの思い熱く…未来につなげていきたい(12/19)
紅白初出場のAKB48・前田敦子が魅せた女優魂(12/19)
「子供も生まれ、職をさがさねば…」…ゴマキ弟初公判(12/19)
しょこたん、UFO問題で町村官房長官を一喝!(12/19)
石田裕子、今夜「志村けんのだいじょぶだぁ2」登場(12/19)
寒い夜はワインを飲みながらクリスマス映画(12/19)
いま再び注目!! 夢とロマンが“裸舞”する世界(12/19)
NHK経営委員会“女の反乱”…会長後任人事をめぐり(12/19)
ZAKクイーン石田裕子、恥ずかし初体験サンタ姿…(12/19)
劇団鹿殺し「2008改訂版・百千万(ももちま)」(12/19)
総合アルバムチャート…12月3〜24日付(12/19)

「象の背中」役所広司らに主演男優賞…アカデミー賞(12/19)
パナソニックの心温まる長編CM…23日オンエア(12/19)
吉田さんに大英勲章授与…最高位バレリーナたたえ(12/19)
「シェーン」格安版OK…53年映画、著作権は消滅(12/19)
アイフォン日本投入で交渉…アップル、ドコモと提携か(12/19)
世良公則と野村義男のユニットがヤッターマン主題歌(12/19)
日本の無関心が人類滅亡呼ぶ…あの矢追純一氏が警鐘(12/19)
「千の風になって」が年間首位…シングル売り上げ(12/19)
エキストラじゃもったいない! B103・宇高志保(12/19)
冬の旅行は岐阜・たかす高原「牧歌の里」へ(12/19)
山本モナが文化放送新春SP番組でナレーション(12/19)
やっとキター! 松坂慶子ディズニー映画で吹き替え(12/19)
「獣拳戦隊―」のゲキイエロー、福井未菜が初DVD(12/19)
DEPAPEPEがクラシックライブで17曲熱唱(12/19)
前川清、クールファイブ名で20年ぶり新曲を披露(12/19)

ZAKZAKトップへ