社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
「主婦の友」休刊へ…大正時代創刊、91年の歴史に幕

名門の専業主婦向け雑誌も、時代の波に乗りきれなかったのか=東京・神田駿河台、主婦の友本社
名門の専業主婦向け雑誌も、時代の波に乗りきれなかったのか=東京・神田駿河台、主婦の友本社
 1917年に創刊された専業主婦向け雑誌「主婦の友」(主婦の友社刊)が今年5月発売の6月号で休刊することが13日、わかった。読売新聞が報じた。大正時代に「主婦之友」として創刊され、女性の社会進出や参政権など新時代の主婦向けに生活情報や教養を提供する雑誌として人気を集めた。「婦人倶楽部」「婦人生活」「主婦と生活」の競合4誌でしのぎを削ったが、3誌は80年代から90年代にかけて休刊、最後の生き残りも91年で幕を閉じる。

 戦後のピーク時には70万部を発行したが、日本雑誌協会のマガジンデータによると、毎号の発行部数は約16万部に落ち込んでいた。53年に「主婦の友」と名称が変更され、近年は「料理」「家事ハウツー」「節約」を3本柱に紙面を展開してきた。

 90年創刊の「すてきな奥さん」(主婦と生活社)、「おはよう奥さん」(学研)など新興主婦雑誌と競い合いながら、老舗のノウハウを生かし、新年号に別冊付録としてついてくる「家計簿」には根強いファンがついていた。

 主婦の友社は現在、「カワイイ」「Ray」「mina」などティーン向け雑誌に、マタニティ誌、エンタメ誌など幅広く展開している。

 月刊『WiLL』編集長の花田紀凱氏の話 「残念ですね。昔は『女学生の友』を卒業して、結婚すると『主婦の友』だった。女性誌の8大テーマは、結婚、占い、ダイエット、セックス、ファッション、グルメ、旅、コスメ(化粧品)と言われてきたが、女性の興味は、さらに細分化されていて、雑誌はビジュアル化が進んでいる。“読む雑誌”が減る中では、がんばっていたのだが…。社名にもなっている雑誌をつぶすのは勇気がいる。思い切った決断。選手交代ということでしょう」


ZAKZAK 2008/02/13

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
NHK大河ドラマ「篤姫」に宮崎・都城市が抗議(02/13)
今度はパリス弟も逮捕! “呪われた”ヒルトン家?(02/13)
米国民みんなが気になる“ブリちゃん自作ドラマ”(02/13)
米脚本家組合のスト終結…3カ月ぶりに正常化へ(02/13)
立川志の輔「最もチケットが取れない」人気の秘密(02/13)
氷川きよし、歌手デビュー9年目で初の故郷ソング(02/13)
加藤名人Vs謝本因坊、激しい差し手争い(02/13)
巨乳コスプレ! 瀬戸愛華がセンセイの言いなりに…(02/13)
著作権侵害と米業者を提訴…スクウェア・エニックス(02/13)
バックストリート・ボーイズ来日、成田にファン殺到(02/13)
「X JAPAN」公演追加で東京ドーム3連チャン(02/13)
「L─」オープニング3日間で67万人動員の大入り(02/13)
倉本聡氏の自然塾で環境学ぶ…京都の50大学連合(02/13)
【舞台へようこそ】「葦ノ籠〜アシノカゴ〜」(02/13)
アルバム総合ランキング(02/13)

スピルバーグ監督が北京五輪の芸術顧問を辞退(02/13)
「主婦の友」休刊へ…大正時代創刊、91年の歴史に幕(02/13)
加藤名人に謝本因坊が挑戦「第20期女流名人戦」(02/13)
五輪キャスター相武紗季、バリバリ“硬派”な意外素顔(02/13)
NHK、役員フロア半減へ…福地会長が独自カラー(02/13)
芸術監督に野田秀樹氏招く…東京芸術劇場(02/13)
「DJ DENKA」を逮捕…洋品店店長を十数回殴る(02/13)
スポーツギャル手塚りえ、水着ボウリングでも魅せた(02/13)
バレンタインは「友チョコ」…アッキーナ声優初挑戦(02/13)
内山理名、ドラマに意気込み「メッセージ伝えたい」(02/13)
Perfumeワンマンライブ…新曲含む18曲熱唱(02/13)

ZAKZAKトップへ