社会
芸能
スポーツ
経済
ぴいぷる
ひとりごと
アニメ☆声優
映画
追跡
競馬
パチンコ
ギャル満載
昨日のTOP10
先週のTOP10
曜日別TOP10
「イザバー」ダウンロード
TOP >> 芸能 >>
大槻教授、江原啓之に宣戦布告「法廷でインチキ暴く」

舌鋒鋭く、江原氏を批判する大槻氏
舌鋒鋭く、江原氏を批判する大槻氏
 スピリチュアルブームの立役者、江原啓之氏(43)に、オカルト批判で有名な早大名誉教授の大槻義彦氏(71)が8日、批判本を出版した。大槻氏は「江原氏は霊感商法の根源」と批判、弁護士らと連携し、出版や放送の差し止めなど法的手段に訴える構えで、「法廷で検証実験を行い、インチキを暴く」と果たし状を突き付けた。

 大槻氏は出版の理由について、「江原氏の言動は霊感商法の源になっている。教育者の端くれとして科学や努力による人の進歩を否定する存在を黙って許すわけにはいかなかった」と語る。

 昨年末、神奈川県警幹部も関与したとして摘発された霊感商法企業「神世界」では、江原氏の名前や番組が宣伝に利用されており、被害弁護団も影響を指摘している。大槻氏は、江原氏が出版した雑誌の巻末に霊感商法の広告がびっしり並ぶ点を挙げ、「悪用されているだけと言うだろうが、これだけの広告を見れば霊感商法に手を貸していると言わざるを得ない」と批判する。

 特に憂慮するのは埼玉県で2006年末、中学生が「生まれ変わっていい霊になって会いに来る」と霊能番組を見た後に自殺した事実だ。「犠牲者が出ており、『品格が落ちるからやめておけ』と周囲は言うが、誰かがやらなければと思った」という。

自信満々でブームを謳歌する江原氏だが、オカルトバスターからの宣戦布告にどう応えるか
自信満々でブームを謳歌する江原氏だが、オカルトバスターからの宣戦布告にどう応えるか
 江原氏のどこがインチキか。「小学生時代、前に座る子のオーラで黒板が見えなかったと言うが、子供がそれだけの光を出すとすれば、エネルギーを使い果たしてすぐにぶっ倒れる」。赤、青、黄のオーラの色も科学的視点から批判する。

 「光の3原色を無視しており、これが識別できるなら、逆にテレビや信号は見られないはずだ」

 江原氏は死んでもいない女優の父親の霊を呼び出したことで話題になったが、大槻氏は霊そのものを否定。「大関が番組に出演した際、霊が勝てる相手との取り組みを決めていると言っていたが、八百長をしているというのか。相撲協会にあまりに失礼な話」

 料金を取って公開カウンセリングを行っていたことも、「カウンセラーは通常、大学院修士課程を終え学会の認定を受けてなるもので、一種の違法行為だ」と問題視している。

8日出版された批判本「江原スピリチュアルの大嘘を暴く」(鉄人社、クリックで拡大)
8日出版された批判本「江原スピリチュアルの大嘘を暴く」(鉄人社、クリックで拡大)
 大槻氏が呼び掛けているのが、公序良俗に反するとして江原氏の出版や番組の放送の差し止めの仮処分を求める集団提訴を行うことだ。テレビ各局へも放送の取りやめを求めており、対応次第では自身の今後のテレビ出演辞退も検討する。

 江原氏は雑誌のインタビューに「私に対するバッシングに何らかの形で意見や反論を述べてきた。逃げたことなど一度もありません」と話している。

 夕刊フジは江原氏が運営するスピリチュアリズム研究所を通じて大槻氏の批判に対するコメントを求めたが、8日現在、回答はない。


ZAKZAK 2008/04/08

芸能情報専門の携帯サイト「芸能サンスポ」オープン!
“骨太”米ドラマ「BONES」の飽きさせない中身(04/08)
スザンヌ、交際報道の山本耕史と「最近は会ってない」(04/08)
“揺れる”五輪…コン・リー、金メダル級“谷間”披露(04/08)
大槻教授、江原啓之に宣戦布告「法廷でインチキ暴く」(04/08)
TBSやっと謝罪放送…「ふん尿落城」問題(04/08)
梨花デザインのジュエリーが伊勢丹新宿に直営店(04/08)
安達祐実ら出席…テレ東「密命 寒月霞斬り」(04/08)
久保田利伸「オールナイトニッポン」パーソナリティー(04/08)
大阪府庁食堂に“SMAP定食”…橋下知事が要望(04/08)
CBSとCNNが連携か…NYタイムズ報じる(04/08)
ミスFLASH2008グランプリは澤田友美(04/08)
Eカップの唯川ひまり、特技は「女豹のポーズ」(04/08)
【本ナビ】「セックスがこわい」(04/08)
【本ナビ】「笑う中国人」(04/08)

都はるみ引退危機…“夫”首つり自殺で憔悴(04/08)
川内康範氏のホンネ人生…政財から任侠まで幅広い人脈(04/08)
新人グラドルの美月あかり、志村けんに診察される!?(04/08)
映画「ノーカントリー」3週間で興行収入2億円突破(04/08)
しょこたんもカバー「ドラゴンボール」主題歌が蘇る(04/08)
“王妃”ほしのあき「まずは王子様探しをしたい」(04/08)
加護亜依「手記」争奪戦…「10万部固い」数社名乗り(04/08)
加藤ミリヤ、アルバムが3作連続初登場トップ5入り(04/08)
現役レースクイーン佐藤かおり、スーパーボディー披露(04/08)
Gカップ水沢彩、DVDイベントで「絡みづらい」(04/08)
第39回大宅壮一ノンフィクション賞が決定(04/08)
第18回椋鳩十児童文学賞に27歳の樫崎茜さん(04/08)
16歳の高校2年生の文月悠光さん現代詩手帖賞(04/08)

ZAKZAKトップへ