MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

芸能ホーム > 芸能 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

ホリエモン拘置所生活を暴露「想像力でオナニーした」

堀江貴文氏
堀江貴文氏

 ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文氏(36)が、証券取引法違反容疑での逮捕後初となる“暴露本”を出版することが2日までに分かった。

 5日発売の『徹底抗戦』(集英社)で、2005年の衆院選で激突した亀井静香氏(72)から「国民新党から出馬しないか」と手紙が来たことなどを実名で暴露している。

 最近はテレビ出演やマスコミの取材にも積極的に応じ、ブログもほぼ毎日更新するなど、“攻め”の姿勢に転じている堀江氏。暴露本出版も「想定内」の行動といえそうだ。

 同書で堀江氏は、ニッポン放送買収劇や総選挙出馬、仲間たちの裏切りなど波乱の時期を振り返り、自らの人生を「宇宙の探索と宇宙の果てを知る旅」と位置づけてみせた。その一方で、東京拘置所の風呂場で“想像力を駆使して”オナニーしていた−など下世話な話も披露。相変わらずサービス精神旺盛なところを見せている。

 堀江氏は東京高裁での控訴審判決後の昨年8月、ブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」を開設。自らの食生活や社会への意見を思うままに述べる一方、先月には週刊文春の取材依頼メールを「低レベル」として公開するなど積極的な“情報発信”にいそしんでいる。

 メディアでの露出頻度も高めており、「勝ち組社長としてテレビに出演しまくっていた当時よりも髪は伸び、顔はさらにぽっちゃりしてきた」(知人)という。

ZAKZAK 2009/03/02

堀江貴文

芸能ニュース

もっと見る