MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

芸能ホーム > 芸能 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

ファン激怒!? 「FFXI」米で5億円の集団訴訟

10万人を“代表”して…

 大手ゲームメーカーのスクウェア・エニックス(東京)が、米ロサンゼルス連邦地裁で集団訴訟を起こされたことが分かった。オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」(FFXI)の毎月の参加料や遅延金などが商法上不正だとして、被害者10万人分、総額500万ドル(約4億8000万円)の損害賠償を要求されたのだ。

 24日付の米紙「コートホース」(電子版)によると、ユーザー10万人を“代表”して同社を訴えたのはサンフランシスコ在住の中国系女性。この女性は、「FFXI」をオンラインでプレーする際、毎月支払う12.95ドル(約1250円)のプレー代金や、支払いが延滞した際の遅延金、未払いによる参加権利の制限やデータ消去などが不当なビジネス手法であり、ソフト購入時に十分な説明もなかったとしている。

 これに対し、ゲームクリエーターで評論家の渡辺浩弐氏は「いかにも訴訟社会の米国らしい提訴だが、内容はとても正当とは思えない」と語る。

 「オンラインゲームは参加条件を規約で提示しており、同意することで参加できる。もちろん、FFXIは英語版も完備している。疑似世界であるオンラインゲームのユーザーは“のめり込み”が激しく、ゲーム上で不愉快なことがあるとメーカーに八つ当たりする傾向が強い。今回も、それに近いのかもしれません」

 さらに渡辺氏は「実は今月3日、新しいFF14が発表された。当然、大半のユーザーは14に移るが、それにより開始から7年間費やしたXIが廃れてしまうことに怒りをぶつけているのかもしれない」と推測する。

 他のユーザーが支持するとはとうてい思えない今回の訴訟。スク・エニ側は「係争中の案件につき、見解や今後の日程などのご回答は差し控えます」としている。

ZAKZAK 2009/06/29

ファイナルファンタジーXI

芸能ニュース

もっと見る