MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

芸能ホーム > 芸能 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

マイケル悪質露店20軒以上…天国から「BAD!」

聖地アポロシアター前で便乗商法

 マイケル・ジャクソンの急逝から、まもなく1カ月−。マイケルがスター切符をつかんだニューヨークのアポロシアターでは別れを惜しむファンの姿が途切れない。しかし、実際に訪れてみると、周辺では版権を無視した記念Tシャツや海賊版CDを売りさばく便乗商法の露店があふれ、目を覆う光景が広がっていた。

 ハーレムにあるアポロシアターは1934年にオープンした伝統ある劇場だ。毎週水曜に開催されるアマチュアナイトはプロデビューへの登竜門とされ、マイケルは兄弟とともに結成した「ジャクソン5」で67年に優勝し、メジャーデビューの足がかりを作ったことで知られている。

 現在、シアター横の空き地と歩道を仕切るベニヤ板の壁は「マイケル、愛してる」「ありがとう」など、ファンがサインペンで書き込んだ無数のメッセージで埋め尽くされている。日本語や韓国語のメッセージもみられ、マイケルの世界的な名声を裏付けている。今やカリフォルニア州のネバーランドに次ぐ聖地となりつつある。

 そんなにぎわいに目を付けたのは露天商たち。マイケルの得意技・ムーンウオークやつま先立ちの姿を許可なくプリントしたチープなTシャツを1枚10ドル(約940円)で販売。多くが「1958−2009」とプリントされ、サイズも子供用からXXLまで揃う。露天商の1人は「どうだ、いいだろう。こっちもどうだ」と数十種類もあるTシャツのセールスに熱心だ。

 また、いかにもネットからプリントアウトしたようないい加減なブロマイドや、データ用CDロムにそのまま焼き付けたマイケルのベストアルバムなどグッズは多種多様。すべて海賊版のため、マイケル側には1セントの得にもならない。

 こうした悪質な露店はシアターから最寄り駅のニューヨーク市営地下鉄125丁目駅まで約600メートルにわたって20軒以上も並んでいた。

 最近はチャイナタウンや空港の土産物店にも追悼記念Tシャツが進出。節操のないグッズ商戦にマイケルもきっと天国で「BAD!」とシャウトしていることだろう。

ZAKZAK 2009/07/23

芸能ニュース

もっと見る