MENU

RANKING

モバZAKのご案内

iモード、EZweb、Yahoo!ケータイで大好評配信中

芸能ホーム > 芸能 > 記事詳細

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • ブックマークに追加する

プロ野球“暗黒時代”あと5年…日テレ関係者が断言

「若年層も注目」高視聴率の球宴を分析

 プロ野球ペナントレースは28日からオールスター明けの後半戦がスタート。セ・リーグはいきなり、巨人Vs中日の首位攻防3連戦(東京ドーム)で幕を開ける。だが、地上波による中継は30日の第3戦のみ(日本テレビ系)と、依然プロ野球をめぐるテレビ中継事情は厳しい。そんな中、「プロ野球人気の“暗黒時代”は、あと5年で終わる」との調査結果が民放局内で浮上。その根拠とは?!

【WBC優勝大きく】

 日本テレビは27日の定例会見で、同局が中継した24日のオールスター第1戦が14.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高視聴率をマークしたことをうけ、「プロ野球の主力視聴層である熟年層だけでなく、若年層も注目した」(幹部)と分析した。球宴中継の視聴率が14%を超えたのは2004年以来5年ぶりだ。

 もっとも、20世紀まで球宴といえば20%超えが当然だっただけに、長期低落傾向に歯止めがかかったとみるのは早計。実際、同局は今季の巨人主催試合の地上波中継を、昨年の42試合から16試合減の26試合、ゴールデンタイムにあたるナイター中継に至っては昨年の33試合の半分以下の15試合に減らしている。

 だが暗い話題ばかりではない。日テレ関係者は、視聴率を詳しく分析した結果として、「プロ野球人気の暗黒時代はあと10年、いや、あと5年あれば終わる。そこまで辛抱ができるかどうかです」と断言。その根拠はこうだ。

 「最近はサッカー日本代表の試合を中継しても、高視聴率は出せなくなってきたが、それでも巨人戦に比べれば圧倒的にスポンサーが付きやすい。なぜか。それは、プロ野球ファンの大半が40歳代以上になってしまっているのに対し、Jリーグが誕生した当時に小、中学生だった“サッカー世代”は現在20代、30代となっており、購買意欲が最も高い。企業は主にその層に向けてCMを放送したがるからです。しかし、10代となると、サッカーより野球への興味が高いという調査結果があるのです。彼らが主力購買層となるまで、あと少しなのです」

 その上で、プロ野球が10代にうける理由を「やはりWBCの影響が大きい。特に今年の優勝は、ダルビッシュ、田中将大といった若い選手が良い意味で衝撃を与えてくれた」と指摘する。

【子供がマネしやすい坂本&松本】

 同局の細川知正社長も、今季の原巨人の快進撃に「坂本、松本といった若手がガンガン出てきたし、外国人も育成枠出身選手が活躍している。既に大成した選手を高額で持って来る−という話ではないわけだから、より多くの人々に受け入れられやすいのではないか」と明るい兆しを受け取っている。

 さらに前出の関係者は、「左足を高く上げる坂本、『平成の天秤打法』といわれる松本の打撃フォームは、子供がまねしやすく、人気につながりやすい。そこへいくと小笠原は自ら『おれのまねをしたらけがをする』と言っているほどですから、子供にはまねしにくい選手ですよね」と苦笑まじりに続けた。確かにプロ野球黄金時代には、すべての子供が右打者だろうが左打者だろうが、王貞治選手の一本足打法をまねていた。

 もっとも、プロ野球があと5年持たずに致命的な人気低落に陥る可能性も拭えない。12年ロンドン五輪には野球競技がなく、次回WBCは4年後の13年…。ダルビッシュら人気選手にはポスティングシステムによるメジャー流出の危機も付いて回る。ここからが正念場というワケか。

ZAKZAK 2009/07/28

芸能ニュース

もっと見る