小宮悦子、10歳年下夫の“大不始末”
夫の不倫が、法廷で争われる

小宮悦子  人気ニュースキャスター、小宮悦子(43)=写真=が頭を悩ませ続けているテレビ制作会社ディレクターの夫、河島正三郎氏(33)のW不倫訴訟が新展開を迎えようとしている。5月に河島氏が東京地裁に証人出廷することが26日までに決まり、“泥沼関係”の中身が、さらに突っ込んで争われることになりそうだ。

 河島氏の不倫疑惑が発覚したのは昨年6月。河島氏の下で働いていた人妻のタイムキーパーA子さん(36)と都内のホテルに1泊した様子などが写真誌に克明に報じられた。

 これに激怒したのが、A子さんの夫、B氏(36)。河島氏とA子さんを相手取り、慰謝料3000万円の支払いと、子供の親権を求めて提訴する事態に発展した。これに対して、河島氏とA子さんは、不倫関係を真っ向から否定し、弁論準備を経て、いよいよ5月に口頭弁論が行われることになった。

 法廷には証人として、B氏とB氏の兄、河島氏とA子さんがそれぞれ出廷することが決定。不倫の有無をめぐって、激しいバトルが繰り広げられそうだ。

 訴状などによると、A子さんの携帯に「チューして」などと不審なメールを発見したことからB氏が、興信所に調査を依頼。A子さんが河島氏と世田谷区内のホテルに泊まったとの調査報告書を受け取った。

 B氏の兄がA子さんを都内の喫茶店に呼び出し、調査報告書を元に不倫を問いつめたところ、A子さんは「調査報告書を買い取らせてほしい。黙っていてほしい」などと申し出たという。現在、A子さんとB氏は別居中で、子供はA子さんが引き取っている。

 一方、河島氏とA子さんは、写真を撮られているだけに、ホテルに入ったことは認めている。しかし、「中で不倫交渉はなかった。金の貸し借りの話をしていただけ。B氏の兄との面会は事実だが、報告書の買い取りを申し出たことはない」と反論している。

ZAKZAK 2002/03/26