大塚寧々、子連れ再婚のしたたかさ
子ぼんのうな田辺誠一もタジタジ

大塚寧々、田辺誠一  昨年3月、異色詩人の三代目魚武濱田成夫(38)と離婚したばかりの女優、大塚寧々(33)が3日、俳優の田辺誠一(33)と入籍し、都内で会見した=写真。魚武との間にもうけた3歳の長男・成虎(しげとら)くんを連れての子連れ再婚だが、大塚は映画の新作やテレビドラマも次々と決まり、バツイチ女性のしたたかさを見せている。

 「誠実で、こういうところがいいな、と思う感覚が同じなんです」と田辺の魅力を語った大塚。8年前にCMで共演したのがきっかけで、友人となり昨年秋に急接近。同11月には肺炎で入院した成虎くんを田辺が毎日のように見舞いに訪れ、翌月に交際が発覚、結婚秒読みといわれていた。

 離婚から1年、交際開始から半年というスピード再婚だが、大塚のしたたかな計算もうかがえる。

 「大塚は8日スタートの連続ドラマ『天国への階段』に出演。さらに6、7月に映画『うつつ』『笑う蛙』が相次いで公開されるように、仕事面も絶好調。子ぼんのうな田辺を“主夫”にすれば、より仕事に集中できると踏んだのだろう」(中堅芸能リポーター)。

 一方、別の女性リポーターは、「大塚は魚武と結婚中も、田辺とは友人関係だったわけで、どこから田辺を男性としてみるようになったのか」と勘ぐる声も。

 最近の芸能界では、とにかくバツイチ女性が元気。

 昨年6月に子連れ再婚した女優、松居一代(44)は、3歳年下で初婚の俳優、船越栄一郎(41)をゲット。昨年4月にTUBEの前田亘輝(36)と離婚した女優、飯島直子(34)はまだ再婚こそしていないものの、CM、ドラマにひっぱりだこで、好感度も上昇している。経験を積んだ女性は強いのか。

ZAKZAK 2002/04/04