ヒッキー独走!初日売り上げホントの数字
モー娘。3位、SAYAKAは4位

「SAKURAドロップス」ジャケット  卵巣腫瘍の摘出手術を受け、入院中のシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(19)の新曲「SAKURAドロップス」=写真右=が9日発売された。調査会社「プラネット」が10日までに集計した最新デイリーチャートによると、早くも初日売り上げは、約19万4000枚(推定、以下同)とぶっちぎりのトップで好スタートを切った。

 発売元の東芝EMIによると、初回出荷だけですでに70万枚。前々作「traveling」(売り上げ103万枚)、前作「光」(85万枚)を上回るペースで、シングルCDとして今年初のミリオンセールスを記録するのは確実視されている。病気で満足なプロモーション活動ができなかったにもかかわらず、改めて驚異的な宇多田人気を見せつけた。

SAYAKA  ゴールデンウイーク明けの9日はレコード各社が勝負をかけた新曲がズラリ店頭に並び、初日の数字が注目された。

 宇多田に続く2位はCHEMISTRYの「君をさがしていた〜New Jersey United」(約7万5000枚)、3位は「モーニング娘。」の後藤真希によるソロ第3弾「手を握って歩きたい」(約5万4000枚)と続いた。

 大宣伝で注目された松田聖子の愛娘、SAYAKA(15)=同左=のデビュー曲「ever since」は、約3万6000枚で4位につけ、惜しくもベスト3入りを逃した。

ZAKZAK 2002/05/10