「千と千尋」アカデミー賞も見えた!?
米国・映画賞を受賞

 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」が5日、米国の映画賞「第85回ナショナル・ボード・オブ・レビュー」のアニメーション部門賞を受賞した。

 映画製作者、批評家ら約150人が加入する全米映画批評会議が選ぶもので、邦画では故黒澤明監督の「羅生門」「乱」が受賞している。

 全米の賞レースの先陣を切る同賞の獲得で、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞などへの期待が高まりそうだ。

 「第15回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」が5日発表され、作品賞に「たそがれ清兵衛」が選ばれた。同作品では監督賞・山田洋次氏、主演男優賞・真田広之、助演女優賞に宮沢りえも選出。このほか主演女優賞は鈴木京香、石原裕次郎賞は「陽はまた昇る」、石原裕次郎新人賞は長瀬智也。

ZAKZAK 2002/12/06