「オーケイ」の小島、プチ整形して結果OK

「オーケイ」小島
「オーケイ」小島
 男前で知られる漫才コンビ「オーケイ」の小島弘章(30)が先月、プチ整形していたことが3日、分かった。占いで「女運が上がる」といわれ、左まぶたのホクロを除去したところ、関西テレビ「痛快!エブリデイ」(月−金曜前9・55)のリポーター起用が決まるなど仕事運がアップ。女性運はともかく、整形してまさに結果“オーケイ”だ。

 松竹芸能の若手お笑いタレントで、1、2を争う男前で、ホスト系といわれるほどのオーケイ・小島が、なんと、プチ整形をしていた。

 レギュラー番組のサンテレビ「癒 Sick Night」(金曜深夜零時)のロケで9月3日、「左まぶたのホクロは“因縁ボクロ”で運気が悪い」と占われたのがきっかけ。運気をよくするには、オーケイにもう1人を加えるか、ホクロをとるか、2つに1つといわれ「勝負をかけなアカン。ホクロをとって運気が上昇するなら」と即、大阪・北区の「高須クリニック」へ。レーザーでホクロを除去し「時間は10秒くらい。部分麻酔をしていたので、全然、痛くなかったんです」。

 もともと小さいホクロで目立たなかったため、1カ月たったいまでも「誰ひとりとして気づいてくれない」といい、相方の小倉祐司(30)でさえ、わからなかったほど。プチ整形を告白された小倉は「そりゃ、引きましたよ。体の張り方を間違えてるぞ、こいつ…と」と仰天した。

 しかし、占いが当たったのか、阪神百貨店で阪神タイガースの優勝記念セールに先輩のお笑いコンビ「T・K・O」の木本武宏(32)とともに一番乗りで並ぶやいなや、その模様が全国のテレビや新聞に紹介された。

 さらに、マイク仲田が卒業した関西テレビ「痛快!−」の中継リポーターとして10日から金曜日のレギュラーに。また、コンビで11月から岐阜・鷲ケ岳スキー場のCMに出演することも決まり、ウハウハ状態。

 小島は「30年間、あったホクロやから、嫌やなと思ったことはなかったんですけど」と、整形効果に笑いが止まらない様子。ただし、運気が上がると占われたのは「女運」だったという。「それはまったく…」といいつつ「このまま次は金運を」と、たくらんでいた。

ZAKZAK 2003/10/04