キムタク弟、俊作さんが渋谷に出店

村俊作さん(右)
木村俊作さん(右)
 SMAPの木村拓哉(30)の弟でファッションデザイナーの木村俊作さん(24)が25日、デザイナーを務める洋服ブランド「SHUIP SYMPATHY(シュイップシンパシー)」の第1号店を東京・渋谷区宇田川町にオープンさせた。

 服飾会社を共同経営する高校の同級生、老川一平さん(24)が洋服のデザインと店内の空間プロデュースを担当。2人によると「“和”をテーマに着心地よく動きやすい素材と形、目に優しいアースカラーを意識した」。カジュアルシャツ、パンツなどメンズものが約300点という品ぞろえ。

 俊作さんはアメリカンフットボールの名門「アサヒビールクラブ・シルバースター」にも所属する有望選手。ちなみに兄には「(出店は)報告してません。そのうちに」とまっすぐな眼差し。アメフト界、アパレル界で名を広め“キムタクの弟”を返上するか。

ZAKZAK 2003/10/27