映画「サンダーバード」前売り超人気のヒミツ
限定1万でフィギュア付き

実写映画版「サンダーバード」
実写映画版「サンダーバード」
 1966年から日本で放送された米人気テレビシリーズ「サンダーバード」がハリウッドで実写映画化。公開は今夏だが、すでに発売されている前売り券が人気になり、注目を集めている。

 「サンダーバード」は西暦2065年の宇宙を舞台にした人形劇。元・宇宙飛行士で大富豪、ジェフ・トレーシーと5人の息子たちが、天才科学者ブレインズが開発した最新鋭のメカ、サンダーバードに乗り込み、世界中で起こる災害や大事故から人々の命を救う冒険活劇だ。

 現在NHK教育でリバイバル放映されており、オジサン世代のみならず若者や子供からも人気を集め、親子2代のファンも少なくない。

 今回、ジョナサン・フレイクス監督、ビル・パクストン、ベン・キングスレー主演で、映画化。日本でも8月7日に公開される。そのレトロ&フューチャー感あふれるデザインやファッションなども注目されている。

サンダーバードのフィギュア
サンダーバードのフィギュア
 チケットも配給のUIP映画が、今年元日から5大都市の劇場で前売り券を発売したところ、飛ぶような売れ行き。実は前売り券には限定1万個で映画に登場するメカのフィギュアがついており、フィギュア目当ての客が殺到しているのだという。

 特典のフィギュアは劇場でしか入手できない限定品。7種類あり、1月はサンダーバード1号、2月は同4号、3−7月は発売時のお楽しみだが、月替わりで用意されている。

 全7種類を集めるとさらに抽選で100人に「秘密基地トレーシーアイランド」のジオラマやオリジナル・グッズが当たるダブルチャンスがあるのも人気の秘密。

 宣伝担当者は「Wチャンスの秘密基地ほしさに一人で毎月前売り券を買うという人もいて、予想以上の反響に驚いています」と話している。

 詳細は「サンダーバード」のオフィシャルサイト(http://www.thunderbird-movie.jp/)で。

ZAKZAK 2004/01/24