「横浜」ソングCDで活性化だ…市長推薦文も
コンピアルバム「横浜幻想」発売

コンピレーションアルバム「横浜幻想」
コンピレーションアルバム「横浜幻想」
 流行発信地・横浜をコンセプトにした2枚組コンピレーションアルバム「横浜幻想(ヨコハマファンタジー)」(ソニー・ミュージックダイレクト、税別3000円)が、28日に発売された。

 同アルバムは「恋人も濡れる街角」(中村雅俊)や「ヨコハマ・チーク」(近藤真彦)、「追いかけてヨコハマ」(中島みゆき)、「Yokohama Bay Blues」(南佳孝)など、タイトルや歌詞で横浜を歌った全29曲を収録。

 横浜・横須賀イメージが強い山口百恵の「いま目覚めた子供のように」「I CAME FROM 横須賀」、また横浜マリノスのオフィシャル・チームソング「YOKOHAMA FIGHT ON!」も入っている。歌謡曲系とニューミュージック&ポップス系の2枚組だが、「異国情緒が漂う横浜には、古きよき文化も新しいものも受け入れる雰囲気があり、おしゃれ。歌にもなりやすいようで、ちょっとさがしただけで収録曲の倍以上はありました」と製作担当者。

中田宏市長
中田宏市長
 2月1日に地下鉄の“横浜みなとみらい線”が開通するタイミングに合わせての発売とあって、地元も協力。中田宏市長も「お気に入りの歌を道連れに新しい発見と楽しい思い出を作りに、横浜へ是非、お出かけください」との推薦文を歌詞カードに寄せている。

 また、財団法人「横浜観光コンベンション・ビューロー」とのタイアップで、CDに「横浜観光ガイドマップ」も封入。イベントカレンダー、バス乗り場まで紹介する懇切丁寧ぶり。東急東横、田園都市各線などの車内ステッカー、JR横浜駅や中華街周辺でのポスター展開なども実施。

 横浜の楽曲を集めた初のコンピレーションCDは街の活性化にも一役買いそうだ。

◆「横浜幻想」おもな収録曲◆

「ドール」太田裕美

「横浜いれぶん」木之内みどり

「ヨコハマA・KU・MA」中森明菜

「ビューティフル・ヨコハマ」平山三紀

「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ダウン・タウン・ブギウギバンド

「フライデー・チャイナタウン」泰葉

「横浜ブギウギ娘」中原理恵

「YOKOHAMA TWILIGHT TIME」角松敏生

「海を見ていた午後」ハイ・ファイ・セット

「北京ダック」細野晴臣

「港の見える丘」プリンセスプリンセス

「横浜スタジアム」イルカ

ZAKZAK 2004/01/31