KOKIAさん担当…アテネ五輪公式応援ソング

 日本オリンピック委員会(JOC)は3日、アテネ五輪日本代表選手団の公式応援ソングを、香港などで活躍する日本の女性シンガー・ソングライター、KOKIAさんが担当して制作すると発表した。作曲家の千住明氏がプロデュースする。

 KOKIAさんは、五つの輪を連想する曲に仕上げる意向で、記者発表で「アテネの選手に届くような元気のある曲をつくりたい」と抱負を語った。同席したレスリング女子72キロ級で五輪代表の浜口京子(ジャパンビバレッジ)は「試合前に(集中するために)音楽を聞いているし、元気が出るということなので楽しみ」と話した。

 シドニー五輪では、人気男性フォークデュオの「19(ジューク)」が初の公式応援ソング「水(すい)・陸・そら、無限大」を制作している。

ZAKZAK 2004/03/04