【心霊アイドルりゅうあ日記】三度の飯よりホラー好き

2014.01.07


りゅうあ【拡大】

 幽霊のお友達募集中!三度の飯よりホラー好き。心霊アイドルのりゅうあです。

 私は物心つく前から「本当にあった呪いのビデオ」などのホラーが好きで(父 談)まだ私が小さい頃に家族で観る映画と言えば…「学校の怪談」や「エクソシスト」でした。

 体が弱くてあまり学校に行けず、友達がいなかった私に「せめて映画くらいは好きなものを」と家族が気を使ってくれたんでしょうか…でも、そのくらいホラーが大好きなんです。

 そんな少し変わった趣味の持ち主の私が普段当たり前のように見えている方々がどうやら人間ではないと気が付くのにそんなに時間はかかりませんでした。

 その時が訪れたのは小学生の時。私の通っていた小学校は周りにお寺がたくさんある創立100年ほどの、地域では歴史のある小学校。北校舎と南校舎に分かれていて、その、クラスメートや先生とは違う「ちょっと変わった人たち」をよく見かけたのは北校舎でした。

 当時クラスでも内気だった私は、出来るだけ大人数でいなくて済むよう、みんなが遠くて嫌がる北校舎の非常階段の掃除を担当していました。

 クラスメイトと二人で手分けして掃除をしていた時でした。掃除を始めようと一人で最上階まで階段を上っている時、ふと見上げると右端に白いスカートを履いた女性の足が見えたんです。

 あれ…と思いもう一度改めてよく見てみると、肘までしかない両腕が階段の手すりに絡まっていました。

 一瞬驚きましたが、不思議と怖いとは思いませんでした。

 日常的にいろんな人が見えてましたし、どちらかといえば「何かを伝えたいのかな?」と思い、近付いて見つめていました。

 その時、もう一人の階段掃除担当の子が上ってきて「あれーどうしたのー?ちり取り先に借りてていい?」

 その言葉で現実に戻り、目の前にある腕が見えていないその子を見て他の人には見えていないのだと気付かされました。

 この体験があってから良い意味でも悪い意味でも私のこれからの人生において霊との関わりがより濃いものへとなっていったのです。

 ここまでお付き合いいただきありがとうございました。最後に…くれぐれも背後と階段には気をつけてくださいね。

■りゅうあ 1990年2月20日生まれ 身長161センチ、B84・W58・H88のDカップのナイスバディー。趣味・怪談話、特技・オーラを見ること。ZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2013」のファーストステージに登場。公式ブログ http://ameblo.jp/ryuablog/ も要チェックだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!