女子プロレスラーでグラドル仁科鋭美、ZAKクイーンファイナル進出

2015.12.04


 女子プロレスラーとしても活躍中のグラビアアイドル、仁科鋭美(24)がZAKZAKのアイドル企画「ZAK THE QUEEN 2015」のファイナルステージに進出した。

 身長158センチ、B80・W59・H84のCカップのボディー。18歳のときに岐阜から上京し、カスタマーエンジニアとして働いていたという仁科。「役者になりたい」という思いから芸能界入りしたという。好きな男性のタイプは「包容力があり、頼りになる人がいい」そう。

 9〜18歳まで剣道で精神を鍛えたという仁科。9月には女子プロレスラーとしてデビューも果たしている。

 ファイナル進出に関して「ここまできたら、目指すはナンバー1になりたい」と気合十分。

 今後は「アンジェリーナ・ジョリーさんのようにアクションもできる女優さんになりたい」と話していた。公式ブログ(http://ameblo.jp/nishinaeimi/)も要チェックだ。

■「ZAK THE QUEEN」とは

 「ZAKZAK」の大型アイドル企画。まずファーストステージで登場し、その日のアクセス数が一定水準以上の出演者がファイナルステージに進出できる。いわばファンによるオーディション。上位3人がグランプリ、準グランプリの座を射止める。お気に入りの子を見つけたら、どんどんクリックだ。

 ファーストステージを含め「ZAK THE QUEEN」はスカイパーフェクTV!の「エンタ!959」で放送中だ。詳細は(http://www.cs959.com/zak)まで。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。