医学の進歩につながる新たな治療法紹介 腰痛、関節痛、不定愁訴… 「治らない症状」どう治す (1/2ページ)

2016.09.02

田辺功氏
田辺功氏【拡大】

  • <p>『お医者さんも知らない治療法教えます 完結編』(田辺功著、西村書店、1500円+税)</p>

 腰痛、頭痛、糖尿病、ひざや股関節の痛み、めまい。治らない病気や症状に苦しむ現代人は多い。足しげく病院に通っても、一向に改善しないとしたら…。ひょっとすると、根本的な治療法に間違いがあるのかもしれない。

 「治る治療法が消えて治らない患者さんが増えるだけでは、国民、いや人類の不幸です」

 こう語るのは、『お医者さんも知らない治療法教えます 完結編』(西村書店刊)の著者で、朝日新聞社の医療専門記者として取材に取り組んできた医療ジャーナリストの田辺功氏だ。

 医療の現場には、何とかして病気を治そうと工夫をし、新たな治療を試みる多くの医師が多くいる。

 しかし、そうした新しい試みに対して、「改善は偶然で証明不足」「まずは学会で議論すべきだ」「論文がないのはインチキ」などの逆風が吹くのもまた事実。そんな中、著者は綿密な取材を続け、医学の進歩につながると確信できた治療法を、新聞の連載コラムや著書などで紹介してきた。その40年に及ぶ取材活動の集大成ともいえるのが本書だ。

 最も身近な「治らない医療」「治さない医療」といえば、腰痛やひざなどの関節痛だろう。現に、腰痛に悩む人の数は全国に推定2800万人、その8割は原因不明とされてきた。

 だが、その謎をクリアに解き明かし、「85%は治せる」と著者は説明し、「AKA」とよばれる関節運動学アプローチに基づいたリハビリテーション技術などの具体的な治療法と、治療を受けられる医療機関についても詳細に解説している。

 自律神経失調症や不定愁訴など、現代人につきものの慢性的な不調症状をはじめ、がんや脳卒中、眼病、めまい、鬱病、歯周病、床ずれに至るまで、ありとあらゆる病気や症状に対する有効な治療法を網羅し、「治せる名医たち」を紹介している。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。