ヘアカラーやパーマで薄毛になるって本当?

2014.08.30


イラスト・メソポ田宮文明【拡大】

 「ヘアカラーやパーマなどをするとハゲるから、あまりやらない」と言う人がいる。でも、これを美容師さんに言わせると、「カラーやパーマでハゲるなんてありませんよ〜」と否定されることもある。本当はどっち? 薄毛・育毛専門治療を行う「銀座HSクリニック」の北嶋渉院長に聞いた。

 「男性の薄毛の9割以上を占めると言われているAGA(男性型脱毛症)に関して言えば、カラーやパーマが直接的な原因になるとは言えませんので、カラーやパーマを繰り返していても、必ずしも薄毛になるわけではありません」

 ただし、カラーやパーマにより、頭皮に炎症が起こり、それによって部分的に抜け毛が生じるということは考えられるそう。

 「カラーリング剤・パーマ液は、少なからず頭皮や髪にダメージを与えるということは言えます。何もしない状態と比べれば、髪がパサつきやすくなりますし、ハリやコシがなくなることも考えられます。髪が傷んで細くなり、切れやすくなることもあります。肌が弱い方は頭皮がヒリついたりすることもあります」

 では、やはり頭皮や髪の健康を考えたら、何もしないほうが良いのだろうか。

 「少なからず頭皮や髪にダメージを与えますので、短い間隔で頻繁には行わない方がいいと思います」

 たとえば、頭皮に赤みやかゆみ、何かしらの炎症が起こってしまうようであれば、できるだけしない方がよいそう。逆に、頭皮や髪の状態に特に問題ないようであれば、やってもOKだと言う。

 「ただし、薄毛治療を行っている期間中はなるべく避けたほうが、治療効率は高まると思われます」

 ところで、ヘアアイロンを多用する人もあるが、これもやっぱりNG?

 「『ヘアアイロンの使い過ぎ=ハゲる・抜けやすくなる』とは言えませんが、髪が傷んで細くなり、『切れやすくなる』ということは言えると思います。やりすぎは避けたほうがいいですが、使う際は髪への負担を減らすようトリートメント剤などを使うと良いでしょう。ヘアカラーはできれば2カ月程度間隔を空けたほうがいいと思います」

 オシャレのためのアレコレ、直接ハゲにはならなくとも、頻度はほどほどに。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。