市中肺炎 高齢者には予防接種が効果的

2014.12.11


肺炎はX線検査ですぐ分かる【拡大】

 かぜやインフルエンザをこじらせ、2次感染によって発症する肺炎。日本人の死因の3位で、65歳以上を中心(約95%)に年間約12万人が亡くなっている。重症化を防ぐには、インフルエンザと同様に肺炎球菌の予防接種を受けておくことが大切だ。

 【病原体はさまざま】

 肺炎は、日常生活を送っている人が発病する「市中肺炎」と、病院に入院中に発病する「院内肺炎」に分けられる。原因となる細菌やウイルスなどの病原体はさまざまだ。日本呼吸器学会指導医で寺尾クリニカ(東京・新宿)の寺尾一郎院長が説明する。

 「病原体は年代によって違いがみられ、65歳未満ではマイコプラズマが圧倒的に多く、次いで肺炎球菌。65歳以上では肺炎球菌が最も多く(30−40%)、インフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別もの)、嫌気性菌、緑膿(りょくのう)菌と続きます」

 特にインフルエンザにかかると、気道の防御機能が低下して高齢者や幼児は肺炎を合併しやすいという。

 【高齢者は症状が違う】

 肺炎を疑う典型的な症状は、38度以上の高熱、激しいせきやタン。炎症が肺を包んでいる胸膜まで及ぶと胸が痛くなることもある。

 「ただし、高齢者は発熱やせきなどの分かりやすい典型症状が現れない場合も多いので要注意です。高齢者では『食欲がない』『元気がない』など普段とようすが違うようだったら、まず肺炎を疑った方がいいでしょう」

 中でも肺炎球菌は、気管支炎や副鼻腔(びくう)炎、急性中耳炎なども引き起こす場合がある。肺炎を重症化させて髄液中に菌が侵入すれば髄膜炎、血液中に侵入すれば敗血症を起こす恐れもあるという。

 「単なるかぜと思っても、甘くみてはいけません。発熱やせきが1週間以上続くようなら、きちんと内科や呼吸器科を受診してください」

 【ワクチン接種で予防】

 診断は、血液、タン、尿、咽頭(いんとう)、X線などの検査から総合的に判断されるが、呼吸器専門医ならX線を見ればだいたい診断がつくという。

 「肺炎には細菌性、ウイルス性、非定型とタイプがあり、処方する薬が異なります。タイプの違いはX線の陰影にも出るので診断には時間はかかりません。区別があきらかでないときは、2種類の抗生物質を投与することもあります」

 予防は、かぜやインフルエンザを早く治すこと。高齢者や免疫力が低下する持病をもつ人は、インフルエンザワクチンに加えて、肺炎球菌ワクチン(効力5年)の予防接種を受けておいた方がいい。肺炎球菌の予防接種は、今年度から65歳以上の人は5歳刻みで公費助成の対象になっている。

 「効果としては、両方のワクチンを接種すると入院を63%、死亡を81%減らせるという海外報告があります」

《肺炎の典型的な症状》
・38℃以上の発熱
・せき、タン
・胸痛が出る場合も
《高齢者の肺炎の疑い》
・元気がない
・食欲がない
・脱水(口が渇くなど)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。