米好きの肥満防止法 食物繊維を先に、よく噛んで

2015.04.26


イラスト・メソポ田宮文明【拡大】

 一般的には、ご飯、パン、麺類などの炭水化物をたくさんとると「太る」というイメージが定着している。

 その一方で、「痩せの大食い」と言われるような人のなかには「白米のご飯が何より好き!」という人も多い。これってなぜ? 単に体質の違いなのか。

 都内の内科医やダイエット外来、糖尿病外来の医師に聞いてみると、挙がってきたのは以下の回答だ。

 「米をたくさん食べていても痩せている人は、米の他のもの、たとえば油っぽいおかずやお菓子・甘いモノなどをあまりとっていない人だと思います」

 「ご飯をたくさん食べても太らない人は、若い人など、基礎代謝がいい人だと思います。ただし、若い頃はよくても、同じように食べ続けていると、徐々に代謝が落ちてくるので、加齢とともに太ってくる可能性はありますよ」

 「摂取したエネルギーと消費したエネルギーとのバランスの問題だと思います。摂取したほうが消費した分より多ければ太っていくはずですので、ご飯をたくさん食べても太らないなら、普段からたくさん運動しているなど、消費エネルギーが多い人なのではないかと思います」

 確かに、ご飯が何より好きで痩せている人の場合、「和食党で、あっさりしたモノが好きな人」「パンやパスタなどより、とにかくご飯を食べる人」なども多そう。また、「偏食家であまりいろいろ食べないから、トータルのカロリーは低い」という人もいるようだ。

 ちなみに、「ご飯が好きで普通に太る」人はどうしたらいいのか。先述の医師たちからアドバイスをもらった。

 「野菜など食物繊維を先にとると、炭水化物の糖の吸収がゆっくりになって太りにくくなります。食感の違う食品を組み合わせてよく噛んで食べるのもオススメです」

 「食事の合間に飲み物をとる人は、よく噛まずに流し込んでしまいがちなので、控えましょう」

 「食事時間のズレで太る場合も多いです。22時−2時に寝ていることで成長ホルモンが分泌されるので、この時間帯に寝ていないと太りやすくなります。夕食はできれば寝る3−4時間前には終わらせましょう」

 おいしいご飯をガマンする前に、試してみては?

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。