その「オエッ」なぜ起こる 異物侵入防ぐ大切な反射

2015.05.17


イラスト・メソポ田宮文明【拡大】

 病院に行って診察を受けるとき、口を大きく開け、のどを見てもらおうとして、「オエッ!」さらに、毎日の歯磨きでも、奥歯を磨くときに「オエッ」となってしまうことがある。

 すぐにオエッとなってしまう人と、あまりならない人がいるけど、その違いって、いったい何なのだろうか。そもそも「オエッ」は、なぜ起こるのか。都内の歯科医に聞いた。

 「オエッとなりやすい人と、なりにくい人がいるのは、残念ながら持って生まれた体質的な違いです。歯磨きのときにオエッとなるのは、舌の付け根やのどの入り口に歯ブラシがあたって、神経が刺激されるから。『咽頭反射』といって、のどにモノが入ると、異物の侵入を防ぐために無意識に外に出そうとする力が働いて起こる反射なんですよ」

 つまり、咽頭反射は、体にもともと備わっている大切な力であり、実はかなり多くの人が、敏感な咽頭反射を持っていると考えられるそう。

 「原因には、心理的あるいは生理的要因、あるいはその両方があると考えられています。身体的な問題では、軟口蓋(うわあご)や、咽頭が敏感な人にも強く咽頭反射が起こりやすい傾向はあります。また、喫煙者は、喉が過敏になっていて、そのせいで咽頭反射が起こりやすいという可能性もあります」

 胃カメラが苦しく気持ち悪い理由にも「咽頭反射」が関係しているそうで、この反射は一般に若い人のほうが強く、加齢とともに徐々に弱まっていく傾向が見られると言う。

 オエッとならないようにするには、どうすれば良いのだろうか。

 「診察時に喉を診てもらうときなどは仕方がないですが、奥歯を磨く際には、口をあまり大きく開けないこと。口を閉じ気味で磨くほうが、周りの筋肉が弛緩して刺激を受けにくくなると言えるでしょう」

 また、歯磨きの場合は、歯磨き粉が原因で起こる場合もあり、香料の強いものを使用しない、あるいは歯磨き粉そのものを使用しないことで、軽減される場合もあると言う。

 ちなみに、オエッとなるのは、繰り返すとクセになり、さらに強い反応を示す場合もあるそうなので、ご注意を。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。