下戸が危ない狭心症 毒性が強いアルデヒド類を分解できず   

2015.06.07


冠攣縮性狭心症の疑いのある患者の解析結果【拡大】

 一般的に、メタボ体形は狭心症になりやすいといわれる。しかし、このような欧米タイプの狭心症と異なり、体形に関わりなく、夜から朝方の安静時に胸部違和感を特徴とする冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症もある。この病気の原因に、先頃、お酒に弱い身体の仕組み体質が関わっていることを、熊本機能病院の水野雄二副院長らが世界で初めて明らかにした。個別化(テーラーメード)治療を後押しする画期的な研究だ。

 【関心高まるテーラーメード治療】

 冠攣縮性狭心症では、心臓の大切な冠動脈が痙攣(けいれん)して血流が悪くなり、自覚症状がないまま、突然死に結びつくこともある。しかし、なぜ欧米人と比べて、日本人に冠攣縮性狭心症が多いのか、これまでわかっていなかった。

 「冠攣縮性狭心症と同じように、東アジア人には、お酒を飲むとすぐに顔が赤くなる『アルコール(アジア)フラッシング』があります。もしかしたら関連性があるかもしれないと考えたのが、今回の研究の発端です」

 こう話す水野副院長は、長年、冠攣縮性狭心症などの研究を続けている。今回の研究では、冠攣縮狭心症の疑いで入院した202人の患者に同意を得て、遺伝子解析をしたという。すると、アルコールによって体内で生じるアセトアルデヒドを分解する酵素の弱い人が約68%にも上った。分解酵素が弱いと、お酒を飲んで顔がすぐに赤くなり、二日酔いなどにもなりやすい。

 「アセトアルデヒドの分解酵素が弱いと、より毒性の強い他のアルデヒド類も体内にたまります。私たちは、これまで喫煙がこの病気に悪いことは報告してきましたが、お酒で赤くなる体質の人が、大きな危険因子となることを今回確認しました」(水野副院長)

 【体質を知ることが重要】

 アルデヒドは、冠動脈の痙攣を誘導するだけでなく、食道がんなどのがんも発症しやすくするという。

 「お酒に強い方は、合併症がなければ、適量の飲酒(日本人のデータは不足)であれば、むしろ薬となる場合もあります。が、基本的に、お酒を飲んで顔が赤くなる人は、多量飲酒は避けることが重要です。まずは、体質を知り判断することが重要です」(同)

 さらに、アルデヒド分解酵素の遺伝子を調べることで、さまざまなことがわかりつつあるそうだ。その先に見えるのが、テーラーメード治療。

 「狭心症の患者さんへの薬の選択や生活指導、また、予防法についても、その人の体質に合った方法を確立することが可能な時代となってきました。その人に適したテーラーメード治療を進められるように、これからも取り組みたいと思っています」と水野副院長は話す。これらの研究が進むと、狭心症、心筋梗塞のみならず、がんに対する治療法や予防法が変わるかもしれない。 (安達純子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。