大学病院の技術をクリニックで提供 宮崎台ささもと眼科 院長・笹元威宏さん (1/2ページ)

★宮崎台ささもと眼科 院長・笹元威宏さん(43)

2016.08.05

笹元威宏院長
笹元威宏院長【拡大】

 今回紹介する笹元威宏医師は、小欄2度目の登場。前回は昭和大学豊洲江東病院眼科准教授として紹介したが、今年5月に川崎市宮前区内に「宮崎台ささもと眼科クリニック」を開業。新たに開業医として地域医療に乗り出したのだ。

 大学病院からクリニックでのプライマリケア(初期診療)への転身は、同じ医療といっても内容は大きく異なる。それでも笹元医師は「大学病院でさまざまな症例を見てきたことで、『ここまではクリニックで診られる』『これ以上は高機能病院』という判断力は身に付いていると思うんです」と自信を見せる。

 開業にあたって一番こだわったのが手術室。レーザー照射機は低侵襲治療に対応した最新機器を導入し、検査に使う各装置も、短時間で精度の高い検査結果が得られるハイグレードの設備をそろえた。

 「限られたスペースに手術室を設置したので、医師やスタッフの控室が作れなくなったんです」と笑うが、大学病院の技術をクリニックで提供する−という強い思いを優先させた証でもある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。