マロリーワイス症候群 食道と胃の境界あたりの粘膜が裂けて出血 (1/2ページ)

2016.08.31

イラスト・メソポ田宮文明
イラスト・メソポ田宮文明【拡大】

 ストレスがたまったときくらい酒を飲んだっていいじゃないか−。誰も「飲むな」とは言っていない。ただ、バカな飲み方は体によくない。血を吐くような飲み方をすると、新しいストレスを生み出すだけ。適度な飲酒ができないなら、飲まないほうがマシなのだ。

 ◇

 大手物流企業に勤めるFさん(55)は荒れていた。大きなミスもなく順調に出世を続けてきたのに、なぜか子会社出向を命じられたのだ。

 内示が出てからは荒れ放題。それまで厳格に順守してきた「週2回の休肝日」を撤廃し、連日の痛飲に及ぶようになる。

 送別会の席でも、悔しさを隠さず飲みまくった。そしてたどり着いた3軒目のスナックで、ついに嘔吐(おうと)する。トイレから出てきたFさんは、涙目でソファに座って休んでいたが、しばらくすると再び吐き気に襲われ、また吐いた。便器を見て驚いた。白い便器が真っ赤な鮮血で染まっていた…。

 「典型的なマロリーワイス症候群ですね」と語るのは、キッコーマン総合病院院長代理の三上繁医師。続けて解説する。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。