時に心臓まで止める荒技の連続 朝霞台中央総合病院 周術期管理センター長・松本克平さん (1/2ページ)

★朝霞台中央総合病院 周術期管理センター長・松本克平さん(61)

2016.10.21

松本克平医師
松本克平医師【拡大】

 「漫画アクション」で連載中の『麻酔科医ハナ』。研修医として激務に耐えつつウデを磨く若き女性麻酔科医の姿を、リアルに描き出す医療マンガだ。「意識のある患者」と接する機会の少ない麻酔科医。その知られざる仕事内容はもちろん、彼女らが背負い込む尋常ならざる精神的な重圧との葛藤が克明に描かれている。

 この作品の監修を務めているのが、朝霞台中央総合病院周術期管理センター長の松本克平医師。

 「周術期」とは、手術前、手術中、手術後の3つの期間をトータルで捉えた医療用語である。

 「麻酔科というと、手術の最初に患者を眠らせておしまい−と思っている人が多いけれど、実際は違う。術中は常時全身状態を把握しながら麻酔の量を調整するため、片時も患者のそばを離れることはできない。術前は手術に向けたプランを作成し、術後は手術創の痛みの除去やリハビリなど、患者さんが知らないところでつねに寄り添っているんです」と松本医師。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。