「てんかん」と「定位脳手術」の第一人者 病院間の医療連携で患者をサポート おちあい脳クリニック院長・落合卓さん (1/2ページ)

★おちあい脳クリニック院長・落合卓さん(47)

2017.01.13

落合卓医師
落合卓医師【拡大】

 JR武蔵野線・西浦和駅前に、脳神経外科専門クリニックがある。「おちあい脳クリニック」は、頭痛やめまいなどのプライマリ(初期診療)から重篤な脳血管障害の術後フォローアップまで、「脳疾患の治療」に高度に専門特化した医療機関だ。

 院長の落合卓医師は、医学部を卒業後、東京女子医科大学脳神経外科に入局。途中3年間のフランス留学を挟み、一貫して大学とその関連病院で臨床経験を重ねてきた。

 そんな落合医師に転機が訪れたのが40歳の頃。

 「ふと“人生80年”と考えたんです。学生時代の人間形成を含め、医師になってからは“ビッグネーム”の元で学ばせてもらった。ならば人生の後半は、その知識と技術を地域や患者さんに還元する番ではないかと」

 専門は「てんかん」と「定位脳手術」。てんかんは近年、高齢者での発症が注目を集めており、その高度な診断技術とフォローアップ体制を聞きつけた患者が、県外からも多く訪れる。

 一方の定位脳手術とは、脳の異常部位を特定し、狙った場所をピンポイントで刺激して機能回復をはかる治療法。落合医師は、切らずに脳腫瘍を治療する「ガンマナイフ」という放射線治療にも従事。脳腫瘍などに対してガンマ線を照射し、他の部位にダメージを与えることなく、狙った病変だけを攻撃するシステムだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。