【今年こそ撃退!!花粉症対策】生体守る防御反応だった!アレルギー体質の人こそ「花粉は“体内に存在してはいけない物質”」 (2/2ページ)

2017.01.30

マスクが外せないほどのアレルギーは生体の防御反応でもある(写真と本文は関係ありません)
マスクが外せないほどのアレルギーは生体の防御反応でもある(写真と本文は関係ありません)【拡大】

  • <p>山川卓也医師</p>

 この抗体はスギ花粉に長期間にわたり接することで作られ、血液の中のリンパ球の一種「マスト細胞」の表面に付着していく。この状況で体外から入ってきた抗体(スギ花粉)が結合すると、その刺激でマスト細胞は化学伝達物質を放出して炎症を起こす。目の粘膜で炎症が起きれば結膜炎、鼻の粘膜で炎症が起きれば鼻炎や鼻水、鼻詰まりとなる。

 鼻炎薬やかゆみ止めの薬の広告で「抗ヒスタミン」という言葉をよく目にするが、この「ヒスタミン」はマスト細胞が放出する化学伝達物質の一つ。ヒスタミンの動きを封じ込めることで炎症を抑える作用を持っている−というわけだ。

 では、なぜスギ花粉に対するアレルギー反応で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりという症状が出るのか。山川医師が明快に答える。

 「アレルギー体質の人にとって花粉は“体内に存在してはいけない物質”です。だからそれを外に放出するためにくしゃみを、洗い流すために鼻水を、花粉の侵入を防ぐために鼻づまりを起こすのです」

 アレルギー症状はたしかにつらいが、これも生体をアレルギー物質から守るための防御反応なのだ。

 次回以降、そんな花粉症の改善策と予防法を検証する。 (長田昭二)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。