内視鏡で後悔のない医療目指す 九段坂病院・副院長兼内科部長の佐々部正孝さん (1/2ページ)

★九段坂病院・副院長兼内科部長の佐々部正孝さん(59)

2017.02.17

佐々部正孝医師
佐々部正孝医師【拡大】

 東京メトロ・九段下駅から徒歩1分。日本武道館とお濠を挟んだ場所に2015年11月に新築移転した九段坂病院は、12の診療科と231の病床を持つ、都心の地域密着型中規模病院。

 副院長で内科部長を兼務する佐々部正孝医師は、内視鏡を用いた診断と治療を得意とする消化器内科医だ。

 山口県で祖父の代から続く医家に生まれた。父だけでなく母も医師だが、「医者になれ」と言われたことは一度もない。

 「昆虫少年だったので虫の学者になろうと思ったことはありますが…」と笑うが、医学部に進んだときは人づてに父が喜んでいるという話を聞き、うれしかったという。

 消化器内科医として実績を重ね、特に内視鏡の操作では同業者から絶大な信頼を受ける。

 「他の臓器と違って、消化管にできるがんは早期から内視鏡で実物を直接見ることができる点が醍醐(だいご)味。それだけに“見落としができない”という重圧も感じます」

 鎮静剤を使う無痛検査にも対応するが、強い麻酔は合併症のリスクがあるので患者の要望やライフスタイルに合わせて検査法を選ぶ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。