著名人の「私はこれで助かった!」は本当か、ニュースで話題の医療ネタを検証 見逃すと危険な兆候に警鐘 (1/2ページ)

2017.05.12

「ニュースで学ぶ! 最新 病気の常識」(池谷敏郎著、祥伝社)1300円+税
「ニュースで学ぶ! 最新 病気の常識」(池谷敏郎著、祥伝社)1300円+税【拡大】

 日々のニュースやワイドショーでは、“健康ネタ”がテッパン企画。医師が勧める健康法や、闘病経験を持つ著名人が語る「私はこれで助かった!」といった特集は、見る者に強い説得力をもって訴えてくる。

 しかし、そうした話題も、連日となると記憶に残らない。しかも、情報の精度も玉石混交で、どれを信じていいのか、素人には分かりにくい。

 そんな巷に流れる健康情報を、最新の医学情報を元に検証して解説した本が出た。

 「ニュースで学ぶ! 最新 病気の常識」(池谷敏郎著、祥伝社刊)だ。

 有名人がかかった病気や、ニュースで話題になった健康法などを、循環器内科医としてメディアにもたびたび登場する著者が、わかりやすく、それでいてきちんとした医学的根拠に基づいて解説している。

 例えば、昨年44歳という若さで急死したタレントの前田健さんは、心筋梗塞が死因とされた。そのニュースの中で、前田さんは亡くなる日の昼間、テレビ番組の企画で「運動会」に出場し、そこで胸の痛みを訴えていたという。

 著者はこの時点で「不安定狭心症」という病気の症状を呈していたことが疑われると推測し、「彼の帰るべき場所は、家ではなく病院だった」と記している。

 忙しいサラリーマンにとって、「ちょっとした体の異変」は珍しいことではない。芸能人にとってもそれは同じで、多少の異変には目をつぶる、というより、目をそらそうとしてしまう気持ちも理解できなくはない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。