【今年こそ撃退!!花粉症対策】鼻づまり伴う症状にはレーザー治療が有効 対策早いほど効き目アリ (1/2ページ)

2017.01.23

花粉が飛散する前に、早めの対策を
花粉が飛散する前に、早めの対策を【拡大】

  • <p>山川卓也院長</p>

 今年もスギ花粉の来襲が近づいている。花粉症というと春先のイメージを持たれると思うが、対策は早いほど効き目がある。アレルギーのある人は、今のうちに打てる手は打っておくべきだ。その最新情報を集中連載でお伝えしよう。

                  ◇

 「今年は関西で2月11日頃、関東では2月15日あたりから、本格的にスギ花粉が舞い始めるようです」と語るのは、山川耳鼻咽喉科医院(東京都港区)の山川卓也院長

 スギ花粉の飛散量は年によって異なり、アレルギーを持つお父さんの症状もそれに応じてひどくなったり軽くなったり…。今年の飛散量はどうなのだろう。

 「東海から九州にかけては、2015年と16年の2年連続で飛散量は“少なめ”で推移していました。ところが昨年の夏が猛暑だったため、今年は昨年を上回る量の飛散が予想されます。一方、関東は昨年夏の日照時間は平年並みだったものの、前年の飛散量が多かったため、それに比べると“少なめ”ということができます。現在の予想では『過去の平均飛散量の8割程度』となっていますが、山沿いの地域は舞う花粉の量も多くなるので注意が必要です」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。