デジタルって何?カシオ計算機創業者に学ぼう 「樫尾俊雄発明記念館」で夏休み企画展

実物を比べて体験しながら、デジタル技術の原理などを学べる

 カシオ計算機の創業者の1人、樫尾俊雄さんの自宅を一部改装して、樫尾さんが発明した製品を展示している「樫尾俊雄発明記念館」(東京都世田谷区)は、小学生向けの夏休み企画展示「デジタルってなに?」を8月31日(木)まで開催中だ。

 夏休みの自由研究として、樫尾さんの発明力を楽しみながら学んでほしいと企画された展示。電卓とそろばん、ストップウオッチと砂時計、書籍の辞書と電子辞書など、実物を比べて体験しながらデジタル技術の原理やデジタル化によるメリットが学べる。

 期間中には、電卓の構造を手を動かしながら学べる「電卓分解組立教室」のほか、G-SHOCKの開発者である伊部菊雄氏とともに世界に一つのオリジナルG-SHOCKを考える「発明家になろう」、デジタルカメラを使って日頃は目に見えない現象を発見する「高速撮影体験」などの体験型イベントも開催する。

 小田急小田原線の成城学園前駅西口から徒歩約15分。詳細は公式サイト(http://kashiotoshio.org)。

Read more