夕刊フジカメラマンと戦跡を撮る 撮影も指南、日帰りツアー「房総半島編」開催

夕刊フジのカメラマンが同行する日帰りバスツアー「戦跡を撮る~房総半島編」

 産経新聞社では、写真報道局のカメラマンが同行する日帰りバスツアー「戦跡を撮る~房総半島編」を9月18日に開催します。

 房総半島には太平洋戦争末期に本土防衛の要衝となった基地や要塞跡が多数残されています。

 千葉県館山市の赤山地下壕跡や、南房総市の大房(たいぶさ)岬に残る人間魚雷「回天」の発射台跡などをめぐるほか、海上自衛隊館山航空基地も見学、海自の隊員が案内します。東京写真記者協会賞などを受賞した写真報道局の奈須稔部長(夕刊フジ担当)が、同行カメラマンとして撮影のコツやテクニックを伝授します。

 先着30人。参加費9800円(税込み)、昼食付。撮影をされない方も歓迎します。問い合わせ・申し込みはサンケイツアーズ(電)03・5283・8250(平日午前9時半~午後5時半、土曜は午後3時まで)。