新たな観光の目玉、「離島」を厳選した『しま山100選』 新たな登山客呼び込みへ、関連業界も注目

ガイドブック「しま山100選」

 全国各地の離島にある山の魅力をPRして観光振興につなげようと、日本離島センター(東京)が「しま山100選」をまとめた。どの島も船の定期便があるなどアクセスがよく、登山経験の少ない子供や高齢者でも登りやすい高さ。山頂から大海原や遠くの島々を一望できる絶好の景観も売りだ。地元自治体は「新たな観光の目玉に」と期待を込めている。

 100選に入った山は、礼文岳(北海道礼文町)から宇良部岳(沖縄県与那国町)まで21都道県76市町村にわたる。離島振興に取り組む同センターが昨年11月、登山家らの意見を参考に選んだ。

 このうち標高1000メートル以上は3カ所だけで、他は1000メートル未満。選考に当たって「体力を気にせず、頂上を極める満足感が得られるかどうか」も考慮したという。

 最近の登山ブームも追い風になっているといい、センターの三木剛志調査課長は「山登りに関心はあるが、高い山は体力的に厳しいと考えている人はぜひ試してみてほしい」と話す。

 観光客誘致に動き始めた自治体も。山口県下松市は今春、摺鉢山がある笠戸島のハイキングコースマップを作って地元の宿泊施設などに配布した。「瀬戸内海を見渡せる島の魅力を伝えたい」と担当者。

 トレッキングで人気の鬼岳などが選ばれた長崎県五島市は、旅行会社と協力して観光商品の開発を目指す。市の担当者は「世界文化遺産を目指す教会やキリシタン関連の集落も市内にある。100選と併せて売り込みたい」と力を込めた。

 関連業界も注目する。アウトドア大手のモンベルは、グループの出版社からガイドブック「しま山100選」を発売。全ての島を実際に訪れたという旅行家の斎藤潤さんが、島の名所や特産品を紹介している。モンベル広報担当の金森智さんは「離島には文化や歴史など好奇心をかき立てる魅力がある。新たな登山客を呼び込む潜在力は十分にある」と期待する。

 しま山100選の一覧は、日本離島センターのホームページ(http://www.nijinet.or.jp/)で公開中。地図や山の標高、登山道の案内など、詳しい関連情報も参照できる。

Read more