減塩、乳酸菌、ウナギエキスまで…健康志向ふりかけ続々 食べやすいよう味にも工夫

丸美屋食品工業の「乳酸菌ふりかけ しらす小魚」

 日々の食事やお弁当のご飯に手軽にかけて食べられるふりかけは、消費者の健康志向を背景にメーカーが減塩や乳酸菌配合などさまざまなタイプを開発、食べやすいように味を工夫した商品も各種登場している。

 永谷園の「減塩ふりかけ」シリーズは、一般的な同種製品に比べて塩分を25%カットした。幼い子供がいる家族に向けて、健康に配慮し安心して食べてもらえるようにした。味は「5種の野菜」「梅じそ」「すきやき」の3種類。素材の味を生かし、減塩しても味がしっかり感じられるように工夫した。いずれも1袋40グラム入りで希望小売価格は199円。

 丸美屋食品工業(東京)の「乳酸菌ふりかけ」シリーズは、整腸効果などがあるとされる乳酸菌を配合した。健康を意識し、カルシウムと鉄分も入れた。味は野菜とカツオの削り節を入れた「かつお野菜」、小魚と卵そぼろを合わせた「しらす小魚」、サケフレークと若菜の「さけ若菜」の3種類。いずれも1袋27グラム入りで希望小売価格は194円。

 ニチフリ食品(静岡市)の通称「おかずふりかけ」シリーズは、ふりかけのみで、ご飯をたくさん食べられるように味に工夫を凝らしている。国産のウナギエキスを使用し、かば焼きをイメージした味付けの「うなぎふりかけ 蒲焼味」や、牛肉のそぼろを入れた「焼肉ふりかけ 濃厚たれ風味」など計6種類がある。1袋25~27グラム入りで希望小売価格は140円。

Read more