発足30周年記念、JR東海が運転士や車掌体験できるツアー開催 10月28、29日

新幹線の“連結作業”見学も

 JR東海は、発足30周年を記念して28日(土)と29日(日)に、運転士や車掌の養成などを行っている静岡県三島市の総合研修センターでツアーを開催する。

 ファミリー向けのツアーで、子供は4歳から中学生、保護者は20歳以上が対象。ツアーでは初公開となる研修センターで新幹線の車掌ドア開扉操作体験や、運転士によるシミュレータ模擬訓練、救援併結作業、パンタグラフの打音検査の見学ができる。在来線では運転士シミュレータでの運転体験とドア開扉体験、保守用車の見学もできる。

 昼食はセンター内の社員食堂で「ドクターイエローランチボックス」と「東海道新幹線弁当」を用意。終了後にはツアー限定の「研修修了証」がもらえる。

 ツアーは旅行会社4社で発売。ジェイアール東海ツアーズでは、「新幹線・在来線のおしごとを学ぼう in三島」の商品名で発売中。東京駅発着のAコースと名古屋・新大阪駅発着のBコースがあり、旅行代金は東京発が大人1万4800円~1万5800円・子供1万800円、名古屋発は大人2万2800円・子供1万4800円、新大阪発は大人2万8800円・子供1万7800円。代金には沼津港新海水族館の観光も含まれる。

 問い合わせはフリーダイヤル0120・945・355(平日10~20時、土日祝日10~18時)。 

Read more